病院の中にこんちゅうかん!? 倉敷昆虫館
TOP リンク 関連施設
館内案内 利用案内 昆虫館の歴史 昆虫館便り サイトマップ
 
標本の紹介
 
 

コバネアオイトトンボ
Lestes japonicus


体長 45mm

[環境省 RDBカテゴリー:絶滅危惧T類]
[岡山県 RDBカテゴリー:絶滅危惧T類]

 岡山県での本種の記録は古いものばかりで、近年はほとんど確認されていません。本州、四国、九州に分布していますがきわめて局所的です。イトトンボ類は挺水植物(水底に根を張り、上部が水上に出ている水生植物)の茂った池に生息しており、水質悪化や開発等でこれらトンボの生息環境が減少したために絶滅した地域が増えています。

 

コバネアオイトトンボ 1975年 和気町働

 
▲1975年 和気町働
 
 
【当館所蔵のその他の標本】
・1952年 勝田町(現美作市)
・1953年 倉敷市郷内

 

標本の紹介のトップページに戻る

 
 
昆虫館の昆虫たちを紹介 標本の紹介 こんなキレイな虫もいるよ 昆虫館の美しい虫たち 昆虫のことをもっと知ろう 虫の世界 昆虫が好きな方は 倉敷昆虫同好会
 
倉敷昆虫館 〒710-0051 岡山県倉敷市幸町2-30 しげい病院1階 電話:086-422-8207 メールアドレス:kurakon@shigei.or.jp