トップページ


重井薬用植物園の見学は予約制です。

見学をご希望の方 こちらをクリック



お問い合わせ

重井薬用植物園
岡山県倉敷市浅原20
TEL:086-423-2396
FAX:086-697-5865
E-mail:shigeihg@shigei.or.jp

 

園内花アルバム

ホソバイヌコウジュ(仮称)(シソ科)

 当園内に生えているシソ科イヌコウジュ属の植物には、外部から移入して栽培しているヤマジソとホソバヤマジソとの他に、元来自生していたイヌコウジュやヒメジソがあります。いずれも一年草のために毎年生育場所が移動して行きますので、その管理には手を焼いています。
 数年前のこと、上記4種類とは少し違った外形の植物が生えてきたので、楽しみに観察を続けていましたが、知らぬ間に刈り取られてしまい正体不明のままになってしまいました。
 ところが再び妙な植物がイヌコウジュとホソバヤマジソとの間に2株生えてきました。最初はホソバヤマジソのようでしたが、成長するにつれてホソバヤマジソより背が高くなり、細い葉もやや大型になり、イヌコウジュと肩を並べて育つようになりました。
 8月になると、イヌコウジュと同様に花穂を作り、下方から順に上方へと咲いてゆくように見えましたが、よく見るとホソバヤマジソと同様に常に花穂の頂上近くに咲いていました。また、花はイヌコウジュより1月くらい遅くまで咲き11月まで咲き続けました。花の形はホソバヤマジソそっくりで、ホソバヤマジソのような大きな苞をつけていました。ただ、違っていたのは花穂の長さで、ホソバヤマジソが3㎝ぐらいだったのに対して、この植物はイヌコウジュと同様にどんどん伸びて10㎝から15㎝にも達しました。茎の高さもイヌコウジュと同様に60~80㎝にも達し、ホソバヤマジソより約2倍も高くなりました。これ等の特徴から、この植物はイヌコウジュとホソバヤマジソとの交雑した新植物と推定しました。ヤマジソやヒメジソとの交雑も考えましたが、園内での生育地が離れていた点や、ヤマジソやヒメジソのイメージが全くなかったことなどから、やはり、イヌコウジュとホソバヤマジソとの雑種と断定して名前をホソバイヌコウジュと勝手に命名しました。
 またこの植物がどこかに生えてくれることを期待しています。

▼ホソバイヌコウジュ ▼イヌコウジュ
ホソバイヌコウジュ 2003.9.14 イヌコウジュ 2003.9.26
2003.9.14 2003.9.26
ホソバイヌコウジュ 2003.10.18 イヌコウジュ 2003.9.26
2003.10.18 2003.10.22
ホソバイヌコウジュ 2003.11.4 イヌコウジュ 2003.10.28
2003.11.4 2003.10.28
 
 
花の咲き方
ホソバイヌコウジュ 1)2003.9.14 ホソバイヌコウジュ 2)2003.9.29 ホソバイヌコウジュ 3)2003.9.30
1)2003.9.14 2)2003.9.29 3)2003.9.30
ホソバイヌコウジュ 4)2003.10.2 ホソバイヌコウジュ 5)2003.10.7 ホソバイヌコウジュ 6)2003.10.18
4)2003.10.2 5)2003.10.7 6)2003.10.18
ホソバイヌコウジュ 7)2003.10.28 ホソバイヌコウジュ 8)2003.11.2 ホソバイヌコウジュ 9)2003.11.16
7)2003.10.28 8)2003.11.2 9)2003.11.16

▲このページの先頭へ
▲園内花アルバムのトップページへ