トップページ


重井薬用植物園の見学は予約制です。

見学をご希望の方 こちらをクリック



お問い合わせ

重井薬用植物園
岡山県倉敷市浅原20
TEL:086-423-2396
FAX:086-697-5865
E-mail:shigeihg@shigei.or.jp

 

園内花アルバム

ミツガシワ(ミツガシワ科)  Menyanthes trifoliata

岡山県レッドデータブック(2009):準絶滅危惧

ミツガシワの花。花の内側にはガガブタなどと同様の白毛が生えるが、ガガブタほど多くない。 3枚の小葉を持つ複葉(3出複葉)のミツガシワの葉。小葉の形をブナ科のカシワの葉に例えたと説明されることが多いが…。
▲ミツガシワの花。花の内側にはガガブタなどと同様の白毛が生えるが、ガガブタほど多くない。 ▲3枚の小葉を持つ複葉(3出複葉)のミツガシワの葉。小葉の形をブナ科のカシワの葉に例えたと説明されることが多いが…。

 

 ミツガシワは北海道、本州、九州の山地の水深の浅い池沼や湿地に生育する多年草です。国外では北半球の北極を取り囲むように広く分布しており、「周極分布」と呼ばれる分布をする植物の一種として知られるほか、氷河期に分布を広げた植物の生き残りという意味で、「氷河期の遺存植物」とも呼ばれます。水分条件が十分な場所であれば水面より上にも伸びてきますが、ほとんどの場合は竹のような節のある緑色の茎を水中に長く伸ばし、節々から根を出して広がります。花は図鑑には4~8月と長く書かれていますが、これは暖地にあるものは早く咲き、雪解けの遅い高標高地のものは遅く咲くためで、実際には花期は1月程度です。当園では毎年4~5月にかけて、内部に白い毛を持つ直径1~2cm程度の純白の花を咲かせます。花は5弁に見えますが、実際は先が5つに裂けた漏斗状の花(合弁花)です。ミツガシワの名は「三槲」あるいは「三柏」で、小葉の形がブナ科のカシワの葉に似ていて、3出複葉であることが名の由来である…とされます。しかし、カシワの葉には非常に大きな鋸歯(葉の縁のギザギザ)があり、本種の小葉とは似ても似つかない形で、本種の小葉を見てカシワの葉を連想するのはかなり難しいように思えます。家紋の1種に3枚のカシワの葉を配した「三つ柏紋」というものがあり、これが「ミツガシワ」の名の由来であるという説もあります。三つ柏紋を見ると、3枚の葉の位置関係がまさにミツガシワの葉とそっくりで、この家紋が本種の直接の名の由来であると考えると納得できます。

植物園の温室エリアの池に群生するミツガシワ。環境が整っていれば、決して弱い植物ではない。 水上に見えている部分は葉(+葉柄)で、茎は水中に長く伸び、節から根を出す。
▲植物園の温室エリアの池に群生するミツガシワ。環境が整っていれば、決して弱い植物ではない。 ▲水上に見えている部分は葉(+葉柄)で、茎は水中に長く伸び、節から根を出す。


 当園では、温室エリアにある池の半分以上を埋め尽くすほど繁茂していますが、これは重井博 前創和会理事長(故人)が1980年頃に岡山県北部の蒜山地域(現・真庭市)に自生していたものを持ち帰り、移植したものです。国内では尾瀬などの高標高地あるいは北海道など寒冷な場所に生育するイメージが強い植物ですが、意外なことに倉敷の夏の暑さにも負けずに旺盛に繁殖して年々面積を広げており、現在では他の水生植物を植えられず困るほどになっています。さすがに気温・水温の高くなる盛夏には葉を一旦枯らして休眠しますが、秋にはもう一度葉を出します。県北部に自生するものは夏に休眠を行うことはなく、当園のものは秋の展葉に養分を使うためか、県北部のものより少々花序(花の房)が小ぶりなようです。岡山県では県北部の数カ所にしか現在は残存しておらず、県のレッドデータブックでは準絶滅危惧種とされています。決して弱い植物ではないのですが、背の高い植物に覆われることがない貧栄養かつ水位が浅く安定した池沼を持つ湿地が岡山県の中部~南部には少なく、自生地が元々県北部に限られていたことに加え、湿地が開発で埋め立てられたり、農地からの肥料成分の流入などによる富栄養化、周辺の植生の発達による湿地の乾燥化などによって減少してしまったようです。蒜山地域では野生の株を採取することが困難となっているため、当園の池で増殖したものを故郷である蒜山にお返ししたことがあり、その株は現在でも蒜山地域の観光施設にて栽培されているとのことです。

ミツガシワ ミツガシワ
ミツガシワ  

▲このページの先頭へ
▲園内花アルバムのトップページへ