トップページ


重井薬用植物園の見学は予約制です。

見学をご希望の方 こちらをクリック



お問い合わせ

重井薬用植物園
岡山県倉敷市浅原20
TEL:086-423-2396
FAX:086-697-5865
E-mail:shigeihg@shigei.or.jp

 

園内花アルバム

ナツハゼ(ツツジ科)

 日本全国から朝鮮・中国の日当たりの良い山地に多い落葉低木です。酸性土壌が好きで、アカマツ林には多いようです。
 アカマツは枯れましたが、アカマツ林だった当園にはよく似たネジキと共に今でも多数生育しています。
 5~6月頃長い総状花序を出し、小さい鐘状の花を下向きに多数つけます。秋になると6~9mmの球形の果実になり、黒褐色から黒色に熟します。この果実は酸味が強くても爽やかな味が好まれ、私も秋のハイキングや茸狩りのときにはよく食べたものです。倉敷地方では果実の色や形から「やまなすび(山茄子)」とか「がんす(鑵子)」の方言の方が通りがよいようです。
 ナツハゼの果実は皆に親しまれながらも、やや軽く見られていますが、ジャムで有名なブルーベリーと同属であり、いわば「和のブルーベリー」とでも言える植物です。私は毎年手製のナツハゼジャムを作って楽しんでいます。

ナツハゼ ナツハゼ

▲このページの先頭へ
▲園内花アルバムのトップページへ