トップページ


重井薬用植物園の見学は予約制です。

見学をご希望の方 こちらをクリック



お問い合わせ

重井薬用植物園
岡山県倉敷市浅原20
TEL:086-423-2396
FAX:086-697-5865
E-mail:shigeihg@shigei.or.jp

 

園内花アルバム

オグラセンノウ(ナデシコ科) Silene kiusiana

環境省レッドリスト(2007):絶滅危惧ⅠB類 / 岡山県レッドデータブック(2009):絶滅危惧Ⅰ類

オグラセンノウの花。花弁の先は細かく切れ込み、これぞナデシコという雰囲気。 葉は対生し、茎には下向きの毛が生える。葉の幅は同じ仲間のフシグロセンノウなどに比べて細長い。
▲オグラセンノウの花。花弁の先は細かく切れ込み、これぞナデシコという雰囲気。
▲葉は対生し、茎には下向きの毛が生える。葉の幅は同じ仲間のフシグロセンノウなどに比べて細長い。

 

 オグラセンノウは、九州の阿蘇・九重地方と中国地方の広島県と岡山県の一部のみに生育が知られる、極めて希少な多年草です。比較的草丈の高い(といっても1m程度)の湿った草原に生育します。花期は当園では6月下旬~7月で、高さ60cm~1mの茎の先に2つずつ対になったつぼみが房状に付き(2出集散花序)、一度に1~4個程度の直径3~5cm程度の鮮やかな紅色~淡紅色の5弁花を咲かせます。葉は対生(同じところに対になって着く)で、幅1cm程度の細長い葉です。茎には下向きの短い毛が密生しており、ざらついた感触があります。花弁の先は細かい切れ込みがありますが、同じナデシコ科のカワラナデシコほどの繊細さはありません。しかしながら、私たちが普段目にする「なでしこ」のイラストなどはデザインとして簡略化されているせいか、色を除けば本種の花の方がカワラナデシコの花よりも、「なでしこ」のイメージにぴったりかもしれません。ただし、本種はカワラナデシコなどのナデシコ属ではなく、センノウ属という別の属に分類されています。


 オグラセンノウの名は「小倉仙翁」であるとされ、「小倉」は京都市にある小倉山のことで、「仙翁」はかつて京都の嵯峨にあった仙翁寺というお寺に栽培されていた中国原産の仲間がセンノウと呼ばれており、同じ仲間なので、小倉の名を冠してこの名がついた…とされますが、1903年に阿蘇で採集された標本を元に牧野富太郎博士が新種として発表した際、江戸時代後期に出版された「草木図説」にオグラセンノウという名で掲載されていた植物と同じであろうということで、オグラセンノウと和名を付けたということですので、本種がかつて小倉山に自生していたという確かな証拠はないようです。ただ、本種は氷河期に大陸から分布を広げてきた遺存植物であると言われており、かつては京都周辺の草原にも生育していた可能性は高いように思われます。

やや草丈の高い草地に生育するが、鮮やかな花色のため、よく目立つ。 やや花弁の切れ込みの浅い花。花弁の切れ込み具合や色には個体差がある。
▲やや草丈の高い草地に生育するが、鮮やかな花色のため、よく目立つ。
▲やや花弁の切れ込みの浅い花。花弁の切れ込み具合や色には個体差がある。

 

 岡山県では、現在では自生地は新見市にある国の天然記念物、鯉ヶ窪湿原のみとなっています。かつては近隣の地域にも自生地があったそうですが、現在では鯉ヶ窪湿原以外の自生地は絶滅状態とされます。当園では、1981年(昭和56年)に、古屋野寛前園長(現・名誉園長)が広島県の自生地(現在は既に消滅)から種子を持ち帰り、実生繁殖したものを湿地エリアの湿地内に移植しています。近年は湿地の乾燥化が進んでしまい、開花個体が数個体という年もありましたが、湿地の環境改善に取り組んだ結果、2012年現在では数十個体あまりが咲くまでに回復しました。当園由来のものは、和気町の岡山県自然保護センターにもお分けして保護を図っています。


オグラセンノウ オグラセンノウ

▲このページの先頭へ
▲園内花アルバムのトップページへ