トップページ


重井薬用植物園の見学は予約制です。

見学をご希望の方 こちらをクリック



お問い合わせ

重井薬用植物園
岡山県倉敷市浅原20
TEL:086-423-2396
FAX:086-697-5865
E-mail:shigeihg@shigei.or.jp

 

園内花アルバム

サワギキョウ(キキョウ科) Lobelia sessilifolia

湿地のなかでもやや富栄養な環境に生育し,茎の上部に多数の花を咲かせる。 花色はキキョウと同じ青紫色だが,花の形は大きく異なり,鳥が羽を広げたような形をしている。
▲湿地のなかでもやや富栄養な環境に生育し,茎の上部に多数の花を咲かせる。 ▲花色はキキョウと同じ青紫色だが,花の形は大きく異なり,鳥が羽を広げたような形をしている。

 

 サワギキョウは、「沢桔梗」の名の通り、北海道、本州、四国、九州の湿地に生育する多年草です。高さは50~100㎝ほどになり、養分などの生育条件が良いほど大きく成長し、花数も多くなります。湿地の植物としては比較的富栄養な環境に生育する植物ですが、半面、乾燥には弱いようで、一時的にでも水が枯れるような環境には生育せず、水が常に十分あるような場所に生育しています。花期は岡山県近辺では9月頃で、夏の暑さが少し和らぎ、秋の気配が感じられるころに咲き始めて10月下旬ごろまで咲き続ける、秋の湿地の花の代表格ともいえる花です。当園では、園内の湿地に岡山県内産のものが生育しており、秋になるとスイランやサワヒヨドリなどと共に毎年、見事な秋のお花畑を演出してくれています。


 葉は茎の株では長さ15㎝ほどの細長い形(披針形)ですが、上部の葉ほど小さくなります。葉はほとんど葉柄がなく、茎に互生(互い違いに付く)しますが、互生といっても茎を取り囲むようにつき、一見、輪生(同じ個所に輪になって付く)にも見えます。葉のふちには、キキョウの葉にあるものと同じような細かいぎざぎざ(鋸歯)があります。花はキキョウそのものとよく似た鮮やかな青紫色ですが、形はキキョウとは全く異なり、2つに裂けて両側に突き出した上唇、3つに裂けた下唇があり、その上に先が曲がった花糸(雄しべ)が突き出していて、真正面から見ると、鳥が羽を広げているような形になっています。この花の形には理由があり、花糸の先端が花を訪れたハチなどの昆虫の背中に触れると内部から花粉が出てきて、昆虫の背中に花粉が付くようになっています。

訪花したスズバチの仲間。ちょうど昆虫の背の部分に花糸の先端が当たるようになっている。 葉は互生,ほぼ葉柄はなく,茎を取り囲むようにつく。葉のふちには細かい鋸歯がある。
▲訪花したスズバチの仲間。ちょうど昆虫の背の部分に花糸の先端が当たるようになっている。 ▲葉は互生,ほぼ葉柄はなく,茎を取り囲むようにつく。葉のふちには細かい鋸歯がある。

 

 園芸店等ではアメリカ産のベニバナサワギキョウといった近縁種が「ロベリア」の名前で販売されていますが、これらを含む本種の仲間は、全草にロベリンなどのアルカロイド成分を含む毒草として知られ、岡山県を舞台とした横溝正史の作品「悪魔の手毬唄」には、「お庄屋ごろし」という名で本種が登場します。誤食すると嘔吐や下痢、量によっては心臓麻痺で死亡する可能性もありますので、子供やペットなどが誤食、花瓶の水などを誤飲しないよう、注意が必要です。

 

葉や茎を傷つけると白い乳液状の汁が出てくる。植物体にはロベリンといった毒成分が含まれる。 花が終わるとたくさんの果実ができ、茎は徐々に立ち枯れる。
▲葉や茎を傷つけると白い乳液状の汁が出てくる。植物体にはロベリンといった毒成分が含まれる。 ▲花が終わるとたくさんの果実ができ、茎は徐々に立ち枯れる。

 

果実は乾燥すると上部が開き,風で揺れた際などに内部の種子をまき散らす。 果実の中には紫色の種子が多数入っている。
▲果実は乾燥すると上部が開き,風で揺れた際などに内部の種子をまき散らす。 ▲果実の中には紫色の種子が多数入っている。

▲このページの先頭へ
▲園内花アルバムのトップページへ