トップページ


重井薬用植物園の見学は予約制です。

見学をご希望の方 こちらをクリック



お問い合わせ

重井薬用植物園
岡山県倉敷市浅原20
TEL:086-423-2396
FAX:086-697-5865
E-mail:shigeihg@shigei.or.jp

 

植物園便り

2013年9月29日 定例観察会「植物園を楽しむ会(ナンバンギセルとはま茶を楽しむ)」(2013.10.10)

秋らしい風が吹いていましたが、まだ日差しは夏の名残が残っているようで、日陰のほうが涼しいようです。今回の参加者は37人でした。 いつもの「楽しむ会」のパターンでは温室エリアから園内の見学をはじめるのですが、今回はまず湿地エリアに向かいます。
▲秋らしい風が吹いていましたが、まだ日差しは夏の名残が残っているようで、日陰のほうが涼しいようです。今回の参加者は37人でした。 ▲いつもの「楽しむ会」のパターンでは温室エリアから園内の見学をはじめるのですが、今回はまず湿地エリアに向かいます。
湿地エリアに行く途中で、止まって温室エリアの池をみんなで覗き込むと…。池の表面に赤褐色のものが。 赤色だけど“ミドリ”ムシの仲間で夕方になると緑色に変化する、「アカマクミドリムシ」です。
▲湿地エリアに行く途中で、止まって温室エリアの池をみんなで覗き込むと…。池の表面に赤褐色のものが。 ▲赤色だけど“ミドリ”ムシの仲間で夕方になると緑色に変化する、「アカマクミドリムシ」です。
ミドリムシの説明でちょっと時間がかかりましたが、湿地エリアに到着。湿地の木道に入っていきます。 満開のサワヒヨドリが出迎えてくれました。
▲ミドリムシの説明でちょっと時間がかかりましたが、湿地エリアに到着。湿地の木道に入っていきます。 ▲満開のサワヒヨドリが出迎えてくれました。
湿地は写真では先月とあまり変わらないように見えますが、イネ科の植物の穂や秋の花が少しずつ咲きだしていて、秋の風情が漂っています。 この日の空は見事な秋晴れでした。ちょっと日差しが強すぎて植物の写真は撮りにくかったようです。
▲湿地は写真では先月とあまり変わらないように見えますが、イネ科の植物の穂や秋の花が少しずつ咲きだしていて、秋の風情が漂っています。 ▲この日の空は見事な秋晴れでした。ちょっと日差しが強すぎて植物の写真は撮りにくかったようです。
サワギキョウの花が咲き始めていました。花の構造も面白いのですが、それについては来月の「楽しむ会」のお楽しみ…。 先月の「楽しむ会」でも観察できた、絶滅危惧植物のミズトンボが咲き残っていました。
▲サワギキョウの花が咲き始めていました。花の構造も面白いのですが、それについては来月の「楽しむ会」のお楽しみ…。 ▲先月の「楽しむ会」でも観察できた、絶滅危惧植物のミズトンボが咲き残っていました。
キク科のスイランの黄色、サワヒヨドリの白、サワギキョウの紫、アブラガヤの茶色…これからだんだんと湿地が秋色になっていきます。 木道の途中で止まって、木道の下のほうからあるものを引き抜いて説明中。なにがあったのでしょうか。
▲キク科のスイランの黄色、サワヒヨドリの白、サワギキョウの紫、アブラガヤの茶色…これからだんだんと湿地が秋色になっていきます。 ▲木道の途中で止まって、木道の下のほうからあるものを引き抜いて説明中。なにがあったのでしょうか。
木道わきのススキの根元に、本日のお題の植物、ナンバンギセルの果実になった株がありました。水分が多い環境なので、少し早めに開花した株です。 果実を割ってみると粉のような細かい種子が出てきます。この細かな種子が土砂の中に潜り込んで、根に寄生します。
▲木道わきのススキの根元に、本日のお題の植物、ナンバンギセルの果実になった株がありました。水分が多い環境なので、少し早めに開花した株です。 ▲果実を割ってみると粉のような細かい種子が出てきます。この細かな種子が土砂の中に潜り込んで、根に寄生します。
今度は湿地から少し奥に行った広場で観察。こちらにはなにがあったのでしょうか。 秋の野の植物として有名な、ワレモコウです。赤茶色の塊のような部分が小さな花の集まり(花序)です。
▲今度は湿地から少し奥に行った広場で観察。こちらにはなにがあったのでしょうか。 ▲秋の野の植物として有名な、ワレモコウです。赤茶色の塊のような部分が小さな花の集まり(花序)です。
こちらはクスノキの仲間、ヤマコウバシが実をつけていました。落葉樹ですが、春まで枯れた葉が枝に残ったままになります。 散策路のわきでは秋の七草のひとつ、萩の花の仲間のツクシハギの花が満開になっていました。
▲こちらはクスノキの仲間、ヤマコウバシが実をつけていました。落葉樹ですが、春まで枯れた葉が枝に残ったままになります。 ▲散策路のわきでは秋の七草のひとつ、萩の花の仲間のツクシハギの花が満開になっていました。
温室エリアに戻ってきて、温室わきのススキのあたりをのぞいてみると… ちょうど白花のナンバンギセルが花を咲かせていました。
▲温室エリアに戻ってきて、温室わきのススキのあたりをのぞいてみると… ▲ちょうど白花のナンバンギセルが花を咲かせていました。
「はま茶」の材料になる、カワラケツメイの植栽場所。写真左はカワラケツメイを食草とする絶滅危惧種のチョウ、ツマグロキチョウのための栽培スペースです。 ちょっと思い出したことがあったので、カワラケツメイの収穫を中断して池の北側に移動。
▲「はま茶」の材料になる、カワラケツメイの植栽場所。写真左はカワラケツメイを食草とする絶滅危惧種のチョウ、ツマグロキチョウのための栽培スペースです。 ▲ちょっと思い出したことがあったので、カワラケツメイの収穫を中断して池の北側に移動。
秋の七草のひとつ、フジバカマが満開になっていました。ススキ、ハギ、フジバカマと今回は3種類の秋の七草が見ごろを迎えていました。 先月、観察した植物、ヒオウギの果実がはじけて「ぬばたま」と呼ばれる黒い種子が姿を見せていました。
▲秋の七草のひとつ、フジバカマが満開になっていました。ススキ、ハギ、フジバカマと今回は3種類の秋の七草が見ごろを迎えていました。 ▲先月観察した植物、ヒオウギの果実がはじけて「ぬばたま」と呼ばれる黒い種子が姿を見せていました。
温室の多目的スペースに戻って、カワラケツメイのお茶「はま茶」の作り方の実演中。今回は、お茶を「焙じる」ための道具、「焙烙(ほうろく)」を使ってみました。 各自、「はま茶」の試飲をしていただいて、希望者にはカワラケツメイの種子をプレゼントしました。お茶を飲みながら、一休みして解散としました。
▲温室の多目的スペースに戻って、カワラケツメイのお茶「はま茶」の作り方の実演中。今回は、お茶を「焙じる」ための道具、「焙烙(ほうろく)」を使ってみました。 ▲各自、「はま茶」の試飲をしていただいて、希望者にはカワラケツメイの種子をプレゼントしました。お茶を飲みながら、一休みして解散としました。

▲このページの先頭へ
▲植物園便りのトップページへ