トップページ


重井薬用植物園の見学は予約制です。

見学をご希望の方 こちらをクリック



お問い合わせ

重井薬用植物園
岡山県倉敷市浅原20
TEL:086-423-2396
FAX:086-697-5865
E-mail:shigeihg@shigei.or.jp

 

植物園便り

9月の活動(2014.10.13)

園長からの一言

23日:ヒオウギの果実(種子を「ぬばたま」という) 23日:温室エリアに来園したカワセミ
23日:ヒオウギの果実(種子を「ぬばたま」という) 23日:温室エリアに来園したカワセミ

ぐっと気温も下がり、秋の訪れを実感するようになってきました。「50周年記念特別企画」は23日に開催した「“トンボ先生”がつくった植物園のトンボとり教室」で第3弾となりました。今回は前回の「夜の虫とり体験」に引き続き、倉敷昆虫館の岡本館長に様々な協力をしていただいたほか、倉敷昆虫同好会の守安先生、脇本先生にはお忙しい中、講師を快く引き受けていただきました。当日は、園内のあちこちで子供たちの歓声と笑顔が見られ、大変素晴らしい企画となりました。「50周年記念特別企画」では、これまでの「植物園らしい」観察会ではなく、自然体験を主眼とした企画を行っていますが、参加される親子の中には、「次は何をするんですか?」と楽しみにされている方もおられます。開園から50年が経過し、倉敷市内の自然環境が少しずつ変化するなかで、良好な自然環境が維持されてきた当園は単なる植物園ではなく、市内でも有数の魅力ある自然体験のフィールドとなる可能性があるように感じています。

 

来園者(見学者)総数:145

見学・観察会等 (115名)
9/3

来園2名(倉敷市 環境政策課自然保護係 職員 あいさつに来園)

9/5 見学3名(岡山市)
9/15 見学2名(倉敷市)/来園2名(広島県尾道市,植物種子寄贈に来園)
9/19 来園1名(倉敷昆虫同好会 脇本氏、「トンボとり教室」の下見に来園)
9/21 来園1名(倉敷の自然をまもる会 洲脇氏、「かいぼり体験」の下見に来園)
9/23 50周年記念特別企画(3)「“トンボ先生”がつくった植物園のトンボとり教室」開催,参加者36名,倉敷昆虫同好会 守安敦氏、脇本浩氏、岡本昆虫館館長 講師/見学8名(岡山市)
23日:50周年記念特別企画(3)「“トンボ先生”がつくった植物園のトンボとり教室」 23日:50周年記念特別企画(3)「“トンボ先生”がつくった植物園のトンボとり教室」
9/24 24日:山陽カルチャー教室 倉敷校 山野草講座 見学山陽カルチャー教室 倉敷校 山野草講座(古屋野名誉園長 講師)見学13名
9/28 定例観察会「植物園を楽しむ会(マメな植物観察を楽しむ)」開催,参加者43名
28日:植物園を楽しむ会(マメな植物観察を楽しむ) 28日:植物園を楽しむ会(マメな植物観察を楽しむ)
その他の来園者、見学者
ボランティア・・・のべ30人

 

園外での調査、自然保護活動、観察会/行事への参加(講師招聘)など

9/3 ススキ・ハギ採集(重井医学研究所附属病院の依頼による)(総社市~吉備中央町)
9/6 6日:岡山県立井原高校 文化祭 生物同好会展示(オキナグサ苗の配布)見学岡山県立井原高校 文化祭 生物同好会展示(オキナグサ苗の配布)見学
9/12 12日:外来食虫植物(外来モウセンゴケ)駆除作業外来食虫植物(外来モウセンゴケ)駆除作業(倉敷市曽原)
9/13-14 岡山県自然保護センター 湿原保全活動(真庭市蒜山下和および新庄村)
13日:岡山県自然保護センター 湿原保全活動(真庭市蒜山下和) 14日:岡山県自然保護センター 湿原保全活動(新庄村)

 

学会/外部の委員会/役員会への出席・参加、講演・寄稿依頼など

9/10 米子自然環境事務所 大山隠岐国立公園大山蒜山地域管理に係るヒアリング 出席(真庭市蒜山下和 津黒いきものふれあいの里)
9/17 倉敷の自然をまもる会 理事会 出席(倉敷市役所)

 

マスコミ取材、情報提供など

9/11 真庭いきいきテレビ(真庭市 CATV)より、植物(オオアレチノギク)について問い合わせ
9/23 50周年記念特別企画「“トンボ先生”がつくった植物園のトンボとり教室」KSB瀬戸内海放送・KCT倉敷ケーブルテレビ 取材 … 同日夕方のローカルニュースで放送&各社ウェブサイトで紹介
9/25 真庭いきいきテレビ(真庭市 CATV)より、植物(サトイモの花)について問い合わせ

 

園内の管理作業など

温室エリア

草取り作業(ショウドシマレンギョウ・マルバコウツギ・ヤノネボンテンカ植栽地周辺,水生植物プランター内部および周辺)/園地草刈り(温室北広場,温室エリア前市道,フェンス沿い手刈り,池内部ヒメガマ穂の刈取り,池内部ヒメガマ刈取り)/カワラケツメイ 収穫・乾燥/散水用タイマー・ホース・チューブ取り外し/刈草 収集・焼却

湿地エリア

園地草刈り(ユウスゲ植栽地,観察路,観察路~明見谷池堤防まで竹林内通路)/刈草 収集・焼却

その他
種子採取(大賀ハス,ヤチシャジン,マツムシソウ,ヒメシロアサザ)/種子精選(コウリンカ、タムラソウ、トモエソウ、ヤチシャジン、マツムシソウ)

 

その他(貴重植物の寄贈・受け入れ・ウェブサイト更新など)

寄贈等
  • 外部→植物園
    • 15日:尾道市の山野草愛好家の方より、希少植物種子の寄贈。
    • 25日:植物園ボランティアの方より、市内産 希少植物 生株の寄贈。
    • 26日:植物園ボランティアの方より、県内産トラノオジソ・セトエゴマ・カワミドリの標本の寄贈。
  • 植物園→外部
    • 3日:ススキ・ハギを重井医学研究所附属病院へ寄贈3日:採集したススキ・ハギ(ビッチュウヤマハギ)を重井医学研究所附属病院へ寄贈
随時 植物園WEBサイト更新
  • 5日:「お知らせ」(9/23「トンボとり教室」開催要項 掲載)
  • 17日:「お知らせ」(10/19「植物園を楽しむ会(野草の香りを楽しむ)」,10/12・19「ツメレンゲ観察会」開催要項 掲載)
  • 25日:「現在の見ごろ植物」(サワギキョウ)
  • 28日:「植物園便り」(「8月の活動」)/「園内花アルバム」(ガガイモ)/「お知らせ」(11月植物園を楽しむ会 開催日変更について掲載)

▲このページの先頭へ
▲植物園便りのトップページへ