トップページ


重井薬用植物園の見学は予約制です。

見学をご希望の方 こちらをクリック



お問い合わせ

重井薬用植物園
岡山県倉敷市浅原20
TEL:086-423-2396
FAX:086-697-5865
E-mail:shigeihg@shigei.or.jp

 

植物園便り

10月の活動(2014.11.22)

園長からの一言

8日:秋の花が満開となった園内の湿地 8日:タカネハンショウヅル開花
8日:秋の花が満開となった園内の湿地 8日:タカネハンショウヅル開花

6日(台風18号)、13日(台風19号)と2週連続の台風接近に振り回されました。園内の植物や施設にはほとんど被害はなかったのですが、50周年記念特別企画の第4弾として13日に予定していた「どろんこ!かいぼり体験」を、台風19号のため、開催中止としました。延期しての開催も検討しましたが、講師の方の都合がつかず断念し、後日、関係者による生物調査を実施しました。「かいぼり体験」は中止となりましたが、園外では、真庭市の津黒いきものふれあいの里の「キノコ観察会」と「紅葉観察会」の講師を務めたほか、しげい病院南館屋上のツメレンゲ植栽地にて、「ツメレンゲ観察会」を2回開催しました。園内の管理作業については、秋になり、かなり気温が下がってきましたので、植物の成長も止まり、春から毎週のように行ってきた草刈り作業も一段落となりました。もっとも「実りの秋」の言葉にふさわしく、様々な植物の種子が実り始めていますので、これからは種子の採取・精選作業に追われることとなります。10月は植物の寄贈受入・園外での採集についても、種子を中心に様々な種類を受入ました。

 

来園者(見学者)総数:71

見学・観察会等 (31名)
10/3

見学1名(岡山市)

10/6 来園1名(植物園ボランティアの方,植物名調べ)
10/12 来園1名(倉敷の自然をまもる会 理事,「かいぼり体験」下見に来園)
10/19 19日:定例観察会「植物園を楽しむ会(野草の香りを楽しむ)」定例観察会「植物園を楽しむ会(野草の香りを楽しむ)」開催,参加者20名
10/24 来園1名(日本アロマ環境協会 機関紙「AEAJ」取材)
10/27 来園5名(津黒いきものふれあいの里 柴田 自然観察専門員,倉敷市環境政策課自然保護係 職員2名,岡山県備中県民局農林水産事業部 農地農村整備課 職員2名,「かいぼり体験」中止のため、明見谷池の生物調査)
10/31 来園3名(金沢大学医薬保健研究域薬学系 附属薬用植物園1名/総社市2名,植物の質問)
その他の来園者、見学者
ボランティア・・・のべ40人

 

園外での調査、自然保護活動、観察会/行事への参加(講師招聘)など

10/11 11日:津黒いきものふれあいの里 自然観察会「津黒のキノコ観察会」講師真庭市 津黒いきものふれあいの里 自然観察会「津黒のキノコ観察会」講師(菌類以外の植物)(真庭市蒜山下和)参加者約30名
10/12 12日:自然観察会「ツメレンゲ観察会1」(しげい病院 南館屋上)自然観察会「ツメレンゲ観察会1」開催(しげい病院 南館屋上)参加者9名
10/19 自然観察会「ツメレンゲ観察会2」開催(しげい病院 南館屋上)参加者15名

10/26

26日:津黒いきものふれあいの里 自然観察会「山乗渓谷 紅葉観察会」講師真庭市 津黒いきものふれあいの里 自然観察会「山乗渓谷 紅葉観察会」講師(真庭市蒜山下和 山乗渓谷)参加者15名
10/27 27日:明見谷池 生物調査明見谷池(植物園隣接のため池)生物調査

 

学会/外部の委員会/役員会への出席・参加、講演・寄稿依頼など

10/16 倉敷市生物多様性地域戦略推進委員会 出席(倉敷市市民生活センター)

 

マスコミ取材、情報提供など

10/3

山陽新聞 イベント情報欄に10/13「どろんこ!かいぼり体験」、10/12・19「ツメレンゲ観察会」の情報掲載
10/24 日本アロマ環境協会 機関紙「AEAJ」取材

 

園内の管理作業など

温室エリア

園地草刈り(温室南ススキ・池内部ヒメガマ)/カワラケツメイ 収穫・乾燥・細断(お茶葉に加工) /アサツキ プランターへ植え付け/播種(ヤナギタンポポ・ゴキヅル・シラガブドウ・クリンソウ)

湿地エリア

草刈り(竹林・竹林下段・明見谷池堤防)/刈取り(ミソナオシ株・湿地内アキグミ・湿地内サクラバハンノキ)/外来植物 駆除作業(アレチヌスビトハギ・アメリカセンダングサ・セイタカアワダチソウ)/刈草 収集・焼却

その他
種子採取(キキョウ・タヌキマメ・マツムシソウ・カワラケツメイ・カリガネソウ・ツルマメ・カワラサイコ・ジュズダマ・ホソバヤマジソ)/種子精選(メガルカヤ・キキョウ・タヌキマメ・カワラケツメイ)/第14回「11月3日は自然史博物館まつり」準備(プレゼント種子11種 袋詰め、栽培解説作成、パンフレット・チラシ類 封筒入れ)

 

その他(貴重植物の寄贈・受け入れ・ウェブサイト更新など)

寄贈等
  • 外部→植物園
    • 1日:植物園隣接の明見谷池堤防よりメガルカヤ種子を採集(片岡採集)。
    • 8日:津黒いきものふれあいの里より、チャノキ葉サンプル頂く(外部研究者より研究用サンプルの入手を依頼されていたもの)
    • 10日:植物園ボランティアの方より、ウシタキソウ・ヤマホオズキ・ゴキヅルの標本の寄贈
    • 23日:植物園ボランティアの方より、アオイカズラ種子・ヤマホオズキ種子の寄贈
    • 28日:吉備中央町にてササユリ種子採集(土地所有者に許可を得て、片岡採集)
    • その他:植物園ボランティアの方よりミズワラビ株の寄贈(倉敷市産)
  • 植物園→外部
    • 10日:津黒いきものふれあいの里より頂いたチャノキ葉サンプルを外部研究者へ寄贈
    • 31日:金沢大学医薬保健研究域薬学系 附属薬用植物園へ、タカネハンショウヅル苗、カワラサイコ種子、タヌキマメ種子を寄贈
随時 植物園WEBサイト更新
  • 8日:「お知らせ」(台風19号への対応について)/「現在の見ごろ植物」(タカネハンショウヅル・スイラン)
  • 13日:「植物園便り」(9/23植物園50周年記念企画(3)「“トンボ先生”がつくった植物園のトンボとり教室」,9/28「植物園を楽しむ会(マメな植物観察を楽しむ)」,「9月の活動」/「お知らせ」(11/16「植物園を楽しむ会(返り咲きの花を楽しむ)」開催要項掲載
  • 29日:「現在の見ごろ植物」(リンドウ・ヤマラッキョウ)/「お知らせ」(11/3 第14回「11月3日は自然史博物館まつり」植物園・昆虫館出張コーナーについて告知,11/9「大人のデイキャンプin蒜山」告知,12/21「植物園を楽しむ会(枯れ野の里山を楽しむ)」開催要項掲載

▲このページの先頭へ
▲植物園便りのトップページへ