トップページ


重井薬用植物園の見学は予約制です。

見学をご希望の方 こちらをクリック



お問い合わせ

重井薬用植物園
岡山県倉敷市浅原20
TEL:086-423-2396
FAX:086-697-5865
E-mail:shigeihg@shigei.or.jp

 

植物園便り

1月の活動(2011.2.2)

園長からの一言

池に張った氷
▲池に張った氷

 大変寒い日が続き、温室エリアの池にも連日のように全面に氷が張っています。植物は春までお休みの時期ですが、代わりに様々な野鳥や動物が植物園に訪れています。仕事始めの4日には、倉敷市の市の鳥、カワセミが新年のあいさつに来てくれました。また、1日1回はコガモが飛来し、可愛らしい姿を見せてくれています。今月よりボランティアの方々に本格的に活動を始めて頂いており、温室内の植物の植替えや、刈った草を使った堆肥づくりなど、園内の作業全般を手伝って頂いています。熱心な方が多く、自由活動でも何度も来ていただいており、大変助かっています。ボランティアの方を除くと、植物園への見学者数は多くはありませんでしたが、倉敷中央ライオンズクラブと知研・岡山で講演を行うなど、植物園を知ってもらう機会に恵まれた月となりました。

 

来園者(見学者)総数:41名

観察会等
特に開催せず
その他の来園者、見学者
1/5 見学2名(総社市)
1/15 見学2名(総社市)
1/16 植物寄贈2名(倉敷市)
1/24 見学2名(福山市)
ボランティア・・・のべ28人(岡山市、倉敷市、総社市など)

 

園外の観察会・イベント等への参加・講師招聘・学会参加など

1/21 倉敷中央ライオンズクラブ1月例会(倉敷国際ホテル)にて講演。演題「重井薬用植物園にようこそ!」
1/24 知研・岡山1月講演会知研・岡山1月講演会(岡山国際交流センター:岡山市)にて講演。演題「絶滅危惧種とはなにか~重井薬用植物園に於ける絶滅危惧植物から~」
1/28 岡山県植物誌研究会プレ勉強会(倉敷市立自然史博物館)に出席。アザミとトリカブトの分類について国立科学博物館 門田裕一博士より講義。

 

外部団体からの依頼・打ち合わせなど

特になし

 

マスコミ取材、情報提供など

1/12 山陽新聞、植物園ボランティアの募集について取材。

 

園内の管理作業など

温室エリア
堆肥の山と温室エリア 温室内植替え作業中(手前は植替えたヤチシャジン)
▲堆肥の山と温室エリア ▲温室内植替え作業中(手前は植替えたヤチシャジン)

12月に刈り取っていた池内部のヒメガマを使用して堆肥づくり/温室内植物植替え(マイヅルテンナンショウなどテンナンショウ類、ヤチシャジン、クサヤツデなど約20種類)/圃場耕耘/落ち葉・枯れ草等集めて焼却/栽培用砂 熱湯消毒、ふるいかけ

湿地エリア
ボランティア(ミズゴケ調整中)
▲ボランティア(ミズゴケ調整中)

湿地内部にて増殖したオオミズゴケ採取→温室内でごみ取り・乾燥等、調整作業/湿地内草刈(一部)

その他
土のう作り(湿地の水路調整用)→湿地エリアに搬入/草刈機チップソー、草刈り鎌等研磨

 

その他(貴重植物の受け入れなど)

1/16
セイシボク(葉の表が青で裏が紫なので)
▲セイシボク(葉の表が青で裏が紫なので)
セイシボク(青紫木)・・・倉敷市内の方から寄贈。昭和20年代に倉敷市長が東南アジアを訪問した際に土産として持ち帰ったものとのこと。

▲このページの先頭へ
▲植物園便りのトップページへ