しげい病院のデマンド省エネ活動を全館統一して取り組み実施

 

H29年度目標 「H24年度同月を目標として節電に取り組む」

H17年度から省エネに取り組み、年々削減を進め当初からの目標であったH16年度に対して25%削減を8年目のH24年度に達成しました。しかし、H25年度には建物の増築、設備増加に伴いH24年度に対して消費電力量が年々増加しています。そのため、H24年度実績を目標に削減に引き続き取り組みます。
<デマンド装置について>
「デマンド(最大使用電力)警報装置」を設置することで30分当たりの電力使用量を計量し、設定された最大電力を超える可能性が生じた場合に自動的に警報が鳴ります。警報時には、各部署にて即効的な電力使用の抑制策を実施し、ピーク時(最大需要電力)の削減を達成する計画です。

・電気使用量「6月〜9月」の推移(前年比較)

・電力使用量「4月〜3月」の推移(前年比較)   ※毎月、実績月翌月の20日頃に更新予定。

 

 

本館
年月 デマンド警報設定値 最大ピーク実績 対H28削減率 

H28年度10月

355kw

447kw

 
H29年度10月

355kw

433kw 3.0%


※対前年同曜日比較

  

南館 
年月 デマンド警報設定値 最大ピーク実績  対H28削減率
H28年度10月 55kw 67kw  
H29年度10月 55kw

67kw

-0.6% 



※対前年同曜日比較

 ◎本館・南館の日別電力推移グラフは、毎週月曜に更新予定。

文責(吉田・長谷川)