しげい病院 診療案内 交通案内
求人案内
病院ニュース GUEST BOOK 公開講座・教室案内 お見舞いメール 広報誌はぁもにぃ サイトマップ
TOP
病院案内
腎・透析チーム リハビリチーム 栄養サポートチーム もったいないプロジェクト 通所サービス
訪問サービス

GUEST BOOK
 

2017年10月には次の方々がしげい病院を訪問・研修されました

期間
訪問者・研修者

10/1〜31

倉敷中央病院の小西徹先生が研修

普段私が研修を行っている倉敷中央病院は急性期病院であり、主に病気の治療が目的です。一方、当院は慢性期・回復期病院であり、急性期の治療を終えた患者様のケアやリハビリテーションが主眼となります。現在の日本の研修制度では急性期医療が重視されがちです。しかし、担当した患者様やご家族のお話を伺うと、病気は治ったものの、障害が残って以前のように仕事ができるか不安だ、自宅で介護するか施設へ入所するか迷っているなど、治療が終わった後の心配のほうが大きい印象でした。当院のような慢性期・回復期病院でこそ、こうした訴えに親身になって寄り添うことができると思われます。

1か月という短い期間ではありますが、実際に担当患者様がリハビリテーションで徐々に歩ける距離が伸びたり、頑張ってくす玉を完成させたりと、できることが増えるにしたがって一層モチベーションが高くなる姿が印象的でした。リハビリテーションをしなければ寝たきりになりかねないような状態でしたので、改めてリハビリテーションの素晴らしさを実感できました。また当院では医師、看護師、理学・作業療法士、臨床心理士、社会福祉士といった医療関係者の連携がしっかりしており、何度もカンファレンスを重ねることで、患者様の退院後を見据えたケアを着実に進められていました。普段接する機会のなかった様々な職種の方とお話をする機会があったことは貴重でした。
最後になりましたが、重井院長、森本副院長をはじめ医局スタッフの皆様、そして病院職員の皆様、1か月間大変お世話になりました。皆様の懇切丁寧なご指導はもとより、すれ違うたびに挨拶をいただけるような良い雰囲気の中で、有意義な研修生活を送ることができました。ありがとうございました。

10/5

小林内科診療所小林内科診療所の原口院長先生と藤井事務長が来院くださり、ご挨拶いただきました。

小林内科診療所
http://tenseikai-aoe.net/

 
GUEST BOOKのTOPに戻る
 
関連施設 LINK お問合わせ
当院へのお問い合わせはこちら(shigeihp@shigei.or.jp)までお願い致します
しげい病院 〒710-0051 岡山県倉敷市幸町2-30 TEL:086-422-3655 FAX:086-421-1991