しげい病院 診療案内 交通案内
求人案内
病院ニュース GUEST BOOK 公開講座・教室案内 お見舞いメール 広報誌はぁもにぃ サイトマップ
TOP
病院案内
腎・透析チーム リハビリチーム 栄養サポートチーム もったいないプロジェクト 通所サービス
訪問サービス

病院ニュース
 

 「ポリファーマシー」って何?お薬手帳を活用しましょう!

2017.2

しげい病院 薬剤部

薬 最近身近で話題になっている言葉があります。それは「ポリファーマシー」という言葉です。ポリ(poly)+ファーマシー(pharmacy)の造語で多剤服用、多剤併用などと訳されます。つまりたくさんいろんな薬を飲んでいるという状態のことをいいます。たくさんって一体何種類くらいでしょう。はっきりとした定義というものはまだ確立されてはいませんが高齢者にとって薬の数が大体、5〜6種類以上になると薬によっては体に良くない現象がおこりやすくなるという事が言われています。
 年齢を重ねてくると様々な病気を患うことで、薬の数が知らないうちに増えてしまっていることもあります。A先生に処方してもらった薬、B先生に処方してもらった薬、こんなにたくさん飲まないとダメかしら・・・なんて思うようなことがあったりしませんか。そういった場合は、まずはお薬手帳をご活用ください。現代は医療機関の専門性も高まり、複数の医療機関に通院するケースも増えています。そういった場合に情報の伝達手段としてお薬手帳が活躍します。薬の情報を一元化し患者、介護者、医師、薬剤師で処方情報を共有できることで、必要な薬を知ることができ、反対に重複処方を減らすことができたり、複数医療機関にまたがった処方カスケード(薬の副作用に対し、また薬が処方されてしまうという処方の連鎖)に気付くこともできます。

お薬手帳 災害時にお薬手帳があれば必要時に必要な処方が可能です。お薬手帳を携帯していただくことが自分自身の体を守ることにも繋がります。
 もちろん必要な薬もたくさんあり減薬がすべていいとも限りません。1日5〜6種類以上を服用されている場合、かかりつけの医師や身近な薬剤師にご相談していただくことで処方の最適化が図れ、薬の整理ができるかもしれません。お気軽にお声かけください。

 平成29年医療安全標語

 当院では、毎年テーマを決めて医療安全標語を院内に募集します。
 今年のテーマは「チーム医療」。院内65題の応募があり投票の結果、院長賞を含む13題を決定し、院長賞は南館2階病棟が獲得しました。選ばれた標語は、ポスターカレンダーに表記し各部署へ配布し掲示され標語は朝礼等で指差呼唱し、日々医療安全に努めています。

【院長賞】

職種超え 互いに声かけ 安全確認(南館2階病棟)

 

【優秀賞】

  1. 職種こえ みんなで担う チーム医療(検査健診部)
  2. 報・連・相 対話が深める チームの輪(医療支援部)
  3. 小さな気遣い 大きな心 互いに深める安心・信頼   (地域連携部)
  4. 垣根越え 患者を守る 「チーム医療」(薬剤部)
  5. チーム医療 支えて行こう 患者と家族(通所サービス部)
  6. あいさつと 笑顔が作る チームの和(栄養管理部)
  7. 見逃さない チームプレーで 事故防止(リハビリテーション部)
  8. 掛け合った 声の数だけ ミスが減る(本部)
  9. 互いに声掛け 協力・連携 深めよう チームの絆(地域連携部)
  10. 多職種で 補う力が チーム医療(臨床工学部)
  11. ひとりじゃない サポートします 「わたしたち」 (検査健診部)
  12. あいさつで 絆深まる チームの輪(放射線部)

 管理栄養士の健康レシピ 白和え

白和え『白和え』と聞くと少しハードルが高いと思うかもしれませんが、和えごろもさえマスターすればアレンジも効いて料理のレパートリーも増えます。

@ほうれん草は茹でて3cm程度に切っておく
Aにんじんは太めのせん切りにして茹でておく
Bこんにゃく(市販のきんぴら用を使用)はだしとAのしょうゆで下味を付けておく
C絹豆腐は、キッチンペーパーで水気を切っておく
DBを全て合わせて和えごろもを作る
EDの和えごろもで他の材料を和える

〈分量 1人分〉
・ほうれん草 20g
・にんじん   5g
・こんにゃく 10g
・しょうゆ  0.5g(A)
・絹豆腐   30g(B)
・みそ     6g(B)
・砂糖     2g(B)
・すりごま  少々(B)

にんじんの白和えやひじきの白和えもおすすめです!

 
病院ニュースのTOPに戻る
 
関連施設 LINK お問合わせ
当院へのお問い合わせはこちら(shigeihp@shigei.or.jp)までお願い致します
しげい病院 〒710-0051 岡山県倉敷市幸町2-30 TEL:086-422-3655 FAX:086-421-1991