しげい病院 診療案内 交通案内
求人案内
病院ニュース GUEST BOOK 公開講座・教室案内 お見舞いメール 広報誌はぁもにぃ サイトマップ
TOP
病院案内
腎・透析チーム リハビリチーム 栄養サポートチーム もったいないプロジェクト 通所サービス
訪問サービス

病院ニュース
 

 診察室を増設し新しい外来フロアが完成しました

2018.3

しげい病院 副院長兼血液浄化療法センター長 有元 克彦

第6回 日本ノルディック・ウォーク学会学術大会 このたび新しく診察室を増設し、検査健診受付横に完成しました。今年1月工事をスタートさせ2月に工事を完了。3月1日より正式に利用を開始します。新たな診察室は7診と命名。旧7診は診察待機室と名称を変更し、今まで通り感染症の患者さんの診察室となります。増設後は診察室が7部屋、救急処置室、処置室が2部屋、点滴室、面談室等を備えた外来フロアーとなりました。

当院の特徴でもある専門外来は、慢性腎臓病(CKD)、糖尿病、心臓リハビリ、ものわすれ、漢方、ピロリ除菌、肝臓病を積極的に展開し、これに加えて整形外科、リハビリテーション、皮膚科、健診、また透析患者さんへのアクセス・シャントPTA関連の診察、他院からの転院面接や看護師・栄養士・薬剤師等の専門職による指導等にも診察室を利用しています。

専門外来の1つである慢性腎臓病(CKD)外来は開設して7年あまりが経過し、最近では近隣の医療機関から慢性腎臓病(CKD)患者さんの紹介が増えてきました。今までは紹介を受けられる曜日が限られていましたが、診察室を増設したことにより、腎臓疾患は腎臓専門医が月曜日から金曜日にかけての平日の午前中毎日診療ができる体制となりました。今後も保存期慢性腎臓病(CKD)の腎生検を含めた診断から、血液透析のみならず腹膜潅流の導入と維持透析、アクセス管理、合併症管理、腎臓リハビリなど、慢性腎臓病(CKD)診療に一貫して対応できる施設として地域に貢献して行きたいと考えています。



 ロールプレーイング危険人物への対処訓練

しげい病院 医療支援部


離脱(避難)

通報

 しげい病院では、平成28年夏に他県の障害者支援施設で入所者多数が暴漢に襲われた事件を教訓に、患者さんや職員の安全と被害拡大防止を主眼にした「危険人物対応マニュアル(H29.12.1運用)」を作成しました。また、2月には毎週1回、まさかの時に備え、看護師や事務職員等を対象に、同マニュアルに基づくロールプレーイングを実施しました。ロールプレーイングでは男性職員扮する危険人物の迫力に圧倒されて避難が遅れたり、短刀(模擬)を突きつけられた恐怖から思わず防犯ブザーを相手に投げつけるなど、実際の現場さながらの訓練となりました。

 今後は発生後、離脱・通報までの訓練でしたが、今後は、通報の院内の体制確立や危険人物の具体的な対処についても訓練する予定です。

 管理栄養士の健康レシピ コブサラダ

「コブサラダ」の「コブ」=昆布ではありません。このサラダを考案したレストランオーナーの名前に由来したものです。定番の具材はレタス、トマト、アボガド、卵、鶏肉ですが特に決まりはありません。ドレッシングはマヨネーズにケチャップやにんにく、こしょうなどを加えてスパイシーに仕上げます。


@むきえびは酒炒りにしておく
A卵はゆで卵にして皮をむき、1.5cm角に切っておく
Bレタス、トマトは1.5cm角に切り、ブロッコリーも大きさを合わせて小房に分けておく
CAを混ぜ合わせてドレッシングを作る
D@〜Bの具材を合わせて、Cのドレッシングで和える

 

[分量 4人分]

・むきえび    10g
・卵         10g
・レタス     10g
・トマト      20g
・ブロッコリ   20g
・マヨネーズ    8g(A)
・ケチャップ    1g(A)
・おろしにんにく 適量(A)
・こしょう     適量(A)

 
病院ニュースのTOPに戻る
 
関連施設 LINK お問合わせ
当院へのお問い合わせはこちら(shigeihp@shigei.or.jp)までお願い致します
しげい病院 〒710-0051 岡山県倉敷市幸町2-30 TEL:086-422-3655 FAX:086-421-1991