しげい病院 診療案内 交通案内
求人案内
病院ニュース GUEST BOOK 公開講座・教室案内 お見舞いメール 広報誌はぁもにぃ サイトマップ
TOP
病院案内
腎・透析チーム リハビリチーム 栄養サポートチーム もったいないプロジェクト 通所サービス
訪問サービス

病院ニュース
 

 腎臓病療養指導士が活躍しています

2018.5

腎臓病療養指導士 第1回「腎臓病療養指導士」認定資格試験に看護師・薬剤師の2名が見事に合格しました。
 この資格は日本腎臓学会、日本腎不全看護学会、日本栄養士会、日本腎臓病薬物療法学会の4学会共同認定で、標準的な慢性腎臓病(CKD)の保存療法を現場に浸透させることを目的に、職種横断的なCKD療養指導に関する基本知識を有した方を育てるために制定されました。
 看護師、管理栄養士、薬剤師の資格を持つ方々で、「腎臓病療養指導」の実地経験を積んだ方が受験資格対象となります。筆記試験ではCKDの療養指導に関する職種横断的な基本知識を問われます。

 「腎臓病療養指導士」には、 CKDの意義、基本的な知識と対策、および予防について理解・習熟し、保存期CKD患者さんの基本的管理方法を理解し、CKD患者さんに対してステージに応じた包括的な療養指導(生活指導、栄養指導、薬物指導等)を行うこと、また腎臓専門医をはじめとした多職種のチーム医療に参加し円滑な連携を促すこと、腎代替療法についての基本的知識を有し療法選択(血液透析、腹膜透析、腎移植)に関する適切な説明を行うこと、等の役割が求められています。
金曜日と月曜日午後のCKD専門外来を中心として、看護師・薬剤師それぞれの立場から豊富な経験を生かして、今まで以上に質の高いCKD療養指導を提供するとともに、地域におけるCKD療養指導の担い手としての活躍も期待されます。

慢性腎臓病(CKD)外来
【初診・再診】月〜金 8:30〜12:00  【再診】月・金 13:30〜16:30


 リハ体操 椅子を使って出来る運動 後編


外に出てウォーキング等の運動が少し億劫な時に、室内で出来る運動をご紹介します。

<筋力トレーニングの注意点>
@呼吸を止めると血圧が上昇するので、数を数えながら行う。
A痛みの無い範囲・その日の体調に合わせて回数など調整をする。
Bふらついたりする場合は、椅子に座ったトレーニングのみ実施し、転倒には十分に注意しましょう。


●股屈曲
【方法】立位で椅子の背もたれを持ち、片方ずつ膝を曲げて上にしっかり上げます。背もたれを持って出来たら、何も持たずに行います。
【注意点】上げた足が外に開かないよう注意しましょう。
【回数】10〜20回程度

 

●股伸展
【方法】立位で椅子の背もたれを持ち、上半身は真っ直ぐの状態のまま足を後ろへ持ち上げます。
【回数】10〜20回程度

 
病院ニュースのTOPに戻る
 
関連施設 LINK お問合わせ
当院へのお問い合わせはこちら(shigeihp@shigei.or.jp)までお願い致します
しげい病院 〒710-0051 岡山県倉敷市幸町2-30 TEL:086-422-3655 FAX:086-421-1991