しげい病院 診療案内 交通案内
求人案内
病院ニュース GUEST BOOK 公開講座・教室案内 お見舞いメール 広報誌はぁもにぃ サイトマップ
TOP
病院案内
腎・透析チーム リハビリチーム 栄養サポートチーム もったいないプロジェクト 通所サービス
訪問サービス

病院ニュース
 

避難所での支援活動
2018.8
しげい病院災害対策本部
▲しげい病院災害対策本部

 平成30年7月西日本豪雨災害により被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
 当院では7月7日に災害対策本部を立ち上げ、患者さまや職員、医療機関等の被災の状況など情報収集に努めました。当院は被害もなく通常診療を行うことができましたが、真備地域に居住の透析患者さまを中心に被災された方も多く受診に来られ受入れをいたしました。
 当院の近くにある倉敷東小学校が倉敷市内避難所の一つになりました。避難所には真備地域から被災を受けられた大勢の方が自衛隊等の車両で運ばれ、着の身着のままで避難された方も多数おられました。当院はこの避難所に介入し、倉敷市の方や支援ボランティアの方と連絡調整を図りつつ、衛生材料、血圧計、体温計など必要な物品の持参、薬の処方、医師、看護師、薬剤師、社会福祉士、理学療法士、事務等の多職種チームでのラウンド等の支援活動を行いました。被災から3週間が経過し避難所も医療から福祉、生活支援へ需要が変化しています。まだまだ長期的な支援が必要であると予測される中で、避難所生活で苦しい思いをされている方に少しでもお力になれるよう、周りの方々と協力し連携を取りながら尽力してまいります。

しげい病院災害対策本部 しげい病院災害対策本部


健康講座は盛況でした

健康講座 6月23日、当院かわせみホールにてあすへの健康講座を開催しました。今回は有元克彦副院長と管理栄養士、看護師の講演で「腎臓と寿命〜腎臓・骨・血管の意外な関係とは?〜」とのタイトルでお話しました。有元副院長からは健康寿命を延ばすには腎臓が健康であることが大切であること、CKD(慢性腎臓病)とはどのような病気であるか、腎臓・骨・血管の関係について、リンという物質が大きく影響しており、過剰なリンの取り過ぎには注意が必要であることなどをわかりやすくお話しました。高木管理栄養士からは日頃の食事の中にどれくらいの量のリンが入っているか肉や魚、穀類など種類別に説明しました。吉本看護師からは自分でできる尿検査として参加者に検尿キットを配布し、定期的な尿の検診を受けることが早期発見、早期治療へ結びつくことを説明しました。
 当日は定員を超える方にご参加いただき盛況のうちに終えることができました。

健康講座 健康講座
当院では毎年、年に4回糖尿病教室を患者さま一般の方を対象に行っています

糖尿病教室 今回はその中でも食事を食べて頂きながら、講義を聴いてもらう食事会でした。
 食事の献立は、【混ぜ込みご飯】【おろしハンバーグ】【ネバネバ和え】【ラタトゥユ】【あじさい寒天】です。
 講義は、糖尿病専門医の山田医師から「体内時計と食事療法」についてでした。『時間栄養学』というものがあり、従来では何をどのくらい食べるかということを考えることが重要とされてきていましたが、近年では「いつ食べるか」ということも重要視されています。体内時計がずれることで、ホルモンバランスが崩れ食欲抑制ホルモンの低下等が見られる場合があり、生活習慣病に繋がる危険があります。体内時計がずれないよう、規則正しい生活を送るようにしてみてください。
 次回の教室は11月9日(金)です。ぜひご参加ください。

糖尿病教室 糖尿病教室
 

病院ニュースのTOPに戻る
 
関連施設 LINK お問合わせ
当院へのお問い合わせはこちら(shigeihp@shigei.or.jp)までお願い致します
しげい病院 〒710-0051 岡山県倉敷市幸町2-30 TEL:086-422-3655 FAX:086-421-1991