しげい病院 診療案内 交通案内
求人案内
病院ニュース GUEST BOOK 公開講座・教室案内 お見舞いメール 広報誌はぁもにぃ サイトマップ
TOP
病院案内
腎・透析チーム リハビリチーム 栄養サポートチーム もったいないプロジェクト 通所サービス
訪問サービス
リハビリチーム
リハビリテーションセンター長挨拶
リハビリテーション部の概要
リハビリテーション部の構成
理学療法(PT)
作業療法(OT)
言語聴覚(ST)
リハビリテーション部の特徴
回復期リハビリテーション病棟
リハ実績
リハ業績
 
 

 

 

言語療法(ST)
 

言語聴覚療法とは

「ことば」によるコミュニケーションには、言語、聴覚、発声・発音、認知などの各機能が関係していますが、病気や交通事故、発達上の問題などでこれらの機能が損なわれることがあります。言語聴覚士は、ことばによるコミュニケーションや、食べ物や飲み物がうまく喉を通らないなど摂食・嚥下に問題がある方に専門的サービスを提供し、支援します。

 

当院の言語聴覚療法

言語聴覚療法脳卒中後の失語症、声や発音の障害、高次脳機能障害など、ことばによるコミュニケーションの問題は多岐にわたります。言語聴覚士は、このような問題の本質や発現メカニズムを明らかにし、対処法を見出すために検査・評価を実施します。そして、この検査結果や評価に基づき訓練、指導、助言、その他の援助を行い、自分らしい生活を構築できるよう支援します。

 

当院の摂食・嚥下訓練

脳卒中後に食べ物を噛んだり、飲み物を飲んだりすることが難しくなることがあります。このような時は口から胃までの間で何らかの問題が起こっています。固形物が食べにくい、液体でむせやすいなど症状もさまざまです。当院では、リハビリ専門医と言語聴覚士が、ビデオ嚥下造影検査やビデオ内視鏡検査を用いた評価を行い、それに基づき訓練、指導など援助を行います。

 
関連施設 LINK お問合わせ
当院へのお問い合わせはこちら(shigeihp@shigei.or.jp)までお願い致します
しげい病院 〒710-0051 岡山県倉敷市幸町2-30 TEL:086-422-3655 FAX:086-421-1991