Tel:086-282-5311〒701-0202岡山市南区山田2117

ホーム診療科・部門>入退院支援センター

入退院支援センター

 ご自身やご家族が病気や怪我をされた時に、困ったことや不安に思ったことはございませんか。例えば、「医療費はいくらかかるのだろうか」「家での介護は難しい」「今後の生活が不安」など。このように傷病が原因で「生活のしづらさ」が生じた時、入院中や退院後の生活が安心して過ごせるようにするために、社会福祉士という国家資格を持った医療ソーシャルワーカーが当院には4名います。医療保険や福祉制度、また在宅介護についての介護保険制度や、「誰に相談したらいいのか分からない」といった内容まで、多岐にわたるご相談をお受けしています。

●退院後の生活や社会復帰を支援します
 ご相談の中で多いのが「退院支援」です。介護が必要になってからの退院は、生活が大きく変わることがあります。そのような中で、どこに退院するのか、退院後の生活ではどのようなサービスを受けたらいいのかなど、お一人お一人に、その方らしい「生き方の選択」が出来るようにお手伝いをさせて頂いています。そして退院時には、病院から在宅・施設まで切れ目のない援助が出来るように、地域の関係機関の方々と連携を取っています。
 特にケアマネジャーさんとは密に連携を取らせて頂いています。入院前の生活をお聞きして、入院生活の参考にし、また退院時の目標とします。初めて介護保険を利用される方の場合には、退院後の生活にあわせてケアマネジャーさんを紹介させて頂いています。
この度、国の方針で急性期の治療が終了された方や病状が安定されている方を対象とし、早期に自宅退院が出来るように、専従のリハビリスタッフを含めたスタッフ全員が退院支援を行う「地域包括ケア病棟」が新設されました私たち医療ソーシャルワーカーもチームの一員としてさらに退院支援に力を注いで行きたいと思っています。

●お気軽に声をかけて下さい
入院の方だけでなく、退院された方も外来への通院だけの方も、「何か不安なこと」「ちょっと聞きたいこと」がありましたら、医療ソーシャルワーカーへお声をかけて下さい。少しでも問題解決が出来るように皆様と一緒に考えて行きたいと思っています。

医療ソーシャルワーカー

<< 前のページに戻る

PAGE TOP ▲