Tel:086-282-5311〒701-0202岡山市南区山田2117

ホーム診療科・部門>看護部

看護部

重井医学研究所附属病院 看護部理念


看護の対象となる全ての「人」を大切にし、温もりがある質の高い看護を提供します。

 

重井医学研究所附属病院 看護部基本方針

1.専門職業人として責任をもち、患者の権利を尊重した看護の実践をします。
2.知識・技術の向上に努め安全で安心できる看護の実践をします。
3.他部門との信頼関係を深め、更なる「チーム医療」を推進し満足を提供します。
4.地域との連携を図り、不安なく在宅生活が送れるよう支援します。
5.教育体制の再構築をおこない、専門職が育つ環境をつくります。 

看護部長からのメッセージ

「地域」と、つながり・ささえ・ともに生きる看護部でありたい
川口看護部長 「地域のみなさまとのつながりを大切にしていきたい」
地域包括ケアシステムの中で地域の皆さまが住み慣れた町で最期まで安心して 生活できるよう、私たち看護部はいざという時に頼って頂ける地域コミュニティの場所でもありたい。病院行事にある夏祭りやクリスマス会では笑顔と語らいの時であり、公開講座、いのちの出前講座では健康であることの大切さを一緒に考える時にしたいと思います。

「地域のみなさまの生活を支えていける存在でありたい」
小さな命の誕生から成長し誰もが歳を重ねていき段々と不自由さを感じることは仕方がないことだと思います。ご入院中や外来受診時に私たち看護部は専門的知識や技術提供させて頂くことで安心した療養生活、通院生活ができるよう支えていける努力をいたします。

「地域のみなさまとともに生きる看護部でありたい」
創和会理念「生きることの尊さと健康であることの幸せを、すべての人と共に」
看護部理念では看護師として質の高い看護提供とともに人と人の温もりをいつの時代も忘れてはいけないと考えています。笑顔を絶やさず専門職としての責務に努め、地域のみなさまに求められる看護部になるよう努めてまいります。
重井医学研究所附属病院 看護部長 川口法子

 

部署紹介

外来
外来 当院の外来は、内科・小児科・外科・内視鏡室・手術室・中央材料室を担当します。看護師17名、看護補助者4名、診療アシスタント(事務職員3名)で情報を共有し、診療がスムーズに安全に行われるよう努めています。
詳しく読む>>>


看護部 血液浄化療法センター
血液浄化療法センター 現在120台の血液透析患者監視装置で、県内最多である350~360名の患者さんを治療にあたっています。当院では、保存期のシャント作成から透析導入、維持管理まで一貫して行っております。なお、センターでは、個々に合った患者さんに最適な治療が提供できるよう臨床工学技士とペアになって、患者さんとしっかりコミュニケーションを取りながら、きめ細かい透析治療を行っています。
詳しく読む>>>


入院棟1階病棟
入院棟1階病棟 当病棟は、一般病棟での急性期治療を過ぎて病状が比較的安定しているものの社会的理由などが原因で在宅看護が困難な患者さん、医療行為の継続が必要な患者さんや介護施設などの入所を待たれている患者さんなど、様々な理由から長期療養が必要な患者さんを対象としています。
 また人生の最終段階における状態の患者さんが人生の最期までその人らしい人生を全うできるように支える医療・看護・介護・リハビリを提供しています。
続きを読む>>>


入院棟2階病棟
2階病棟  平成30年10月より、入院棟2階病棟は一般(10:1)病棟から地域包括ケア(13:1)病棟へと病床機能を転換しました。
 当病棟は一般病棟だった時から変わらず、腎臓病関連(血液透析、バスキュラーアクセス関連、腎生検、腹膜透析の導入・維持、保存期腎不全)の患者さんや、心不全や誤嚥性肺炎となった高齢の患者さん等の入院を受け入れています。
続きを読む>>>


入院棟3階病棟
入院棟3階病棟 「地域包括ケア病棟」として急性期の治療後など、まだ自宅へ戻る事に不安のある方や、リハビリが必要な方など60日を限度に支援を行っています。
 また少子高齢化を向かえ、高齢者世帯、独居なども増加傾向にあり退院困難な事例も増えています。 住み慣れた町へ出来るだけ過ごせるよう、多職種で力を合わせ「在宅復帰」に取り組んでいます。
続きを読む>>>


入院棟4階病棟
4階 当病棟は、外科・内科・小児科の専門性が高い一般病棟です。外科は岡山大学病院や川崎医療センターから紹介された食道癌術前・ 術後の患者さんが多く、主に、食道がんの術前・術後化学療法、放射線療法、緩和治療を目的に入院されています。内科は一腎臓病、肝・胆・膵臓疾患など専門的な治療を必要とする患者さんや、肺炎や心不全の患者さんなど多岐に渡ります。小児科は、感染性胃腸炎、呼吸器感染症、喘息、川崎病、ネフローゼ症候群の子供さんの入院の受け入れを行っています。また、低身長の成長ホルモン検査の入院も行っています。
 日常生活が少しでも快適になるよう専門知識を活かし、患者さんの人生と関わりながら心に寄り添う看護を心がけています。
続きを読む>>>


外来棟4階病棟
外来棟4階病棟 外来棟4階病棟はH27年2月より一般病棟から障害者施設等病棟に変更しました。
 障害者施設等病棟とは、重度の肢体不自由者、重度の意識障害者、筋ジストロフィー、神経難病患者様などが対象で、難病患者様のレスパイト(社会的入院)及び対象者以外の方も(3割)も積極的に受け入れています。殆どの方が長期臥床患者様で、全面介助を必要としています。退院支援として、施設入所、在宅復帰等目指し、医療相談員(MSW)・リハビリ関係者(PT/OT/ST)等と共に日々看護・介護・日常生活動作訓練を支援しています。
続きを読む>>>


病棟紹介

<< 前のページに戻る

診療科

内科


 内 科

腎臓内科


 腎臓内科

消化器内科


 消化器内科

糖尿病内科


 糖尿病内科

小児科


 小児科

外科


 外科

血液浄化療法センター


 血液浄化療法
 センター

ダイアライシスアクセスセンター


ダイアライシス
アクセスセンター

周術期管理センター


 周術期
 管理センター

ダイアライシスアクセスセンター


 小児療育
 センター

医師の紹介


 医師の紹介

診療部門


 診療部門

PAGE TOP ▲