SAMPLE LOGO

心理面接

小児療育部スタッフ
 当院の心理面接では、心理士がお子さんやご家族からじっくりお話を伺いながら、一緒に問題を整理していったり、解決の糸口を探していったりします。時には、イライラや不安といった感情の対処方法を学んでもらったり、心理士の視点からアドバイスを行ったりもします。また、お話が苦手なお子さんの場合には、遊びを通して関わることもあります。

 当院の心理面接の対象となるのは、お子さんの実生活での困り・つまずきが大きいケースや育児に関してご家族の困りが大きいケースの中でも、ST・OTの療育の対象にはならず、心理的・環境的な要因や、社会的なスキルの未熟さが顕著なケースです。


  しかしながら、強い精神症状や精神疾患が予想されるなど、当院小児科での対応が難しいケースについては、心理面接のご希望にそえない場合がございます。詳しくは、お問い合わせください。