病院案内診療案内診療予定表入院案内交通案内求人案内
  ホーム地域連携室
地域連携室

公開講座
健康講座
病院の四季
皆さまの声
メール受付
地域連携室
院内散策
院機能評価

個人情報保護方針
もったいないプロジェクト

地域医療連携について
  すべての患者さんに対して、適切な診療を提供するためには、地域のそれぞれの医療機関の専門領域に合わせた「地域医療連携」の推進が大変重要です。
 急性心筋梗塞、重症脳血管障害などの集中治療室での治療が必要な疾患、当院にはいない専門医による治療が必要な場合では、基幹病院への紹介や転院することが必要になります。逆に、基幹病院での集中治療室での治療が終わっても、さらに入院治療が必要な患者さんに対して、当院で適切な治療ができるときが多くみられます。患者さんが、その時々の適切な治療を受けるのにふさわしい医療機関にかかる仕組みが「地域医療連携」です。
  当院が位置する岡山市南区西地域では、在宅医療を積極的に行っている診療所があり、当院からも患者さんの在宅診療を依頼することがあります。また、入院が必要な時は、在宅からのバックアップとして連携を進めています。患者さんのスムーズな受け入れができるように、地域医療連携室は連絡調整を行います。

地域医療連携室の主な業務内容
  当院への転院などの患者さんをご紹介いただく窓口は地域医療連携室となっております。地域の診療所の先生方から指定の医師がない場合、地域医療連携室にご連絡いただきます。また、近隣の基幹病院のMSWや看護師などからもご連絡をいただきます。
  受け入れの窓口を一本化することにより担当者不明や情報の伝達不足などのトラブル軽減に努めています。紹介された患者さんの情報管理を行い、必要な情報を確認したり、こちらから情報提供したりしています。入院中の受診や転院の日程や時間などの連絡調整を行い、スムーズに患者さんが受診や転院ができるように努めています。他の医療機関からいただいた患者さんの紹介状を電子カルテに取り込み、紹介内容を入力することで必要時にすぐに確認することができます。また、紹介をいただいた医療機関への返事の発送や確認も滞りなく行うようにしています。

晴やかネットの開示・閲覧施設として
  当院は、岡山県全域で運用が開始された「晴やかネット」への参加もしています。
 「晴やかネット」とは、各医療機関に保管されている患者さんの医療情報を、専用の
回線で結び、相互に共有することにより、診療に役立てるためのシステムです。患者さんの同意のもと、複数の医療機関の医療情報を共有し、診療や検査などから得られた多くのデータをもとに安全で質の高い医療を提供することで、地域医療の質の向上を目指す目的があります。
  つまり、回線がつながっているパソコンがあれば、病院で行われた検査の内容や治療内容がかかりつけの病院や診療所で確認することができ、同じ検査を行うなど不要な負担を患者さんに負わせなくて済み、医療費の削減や患者さんの安心も得られます。連携が進むことにより、在院日数の短縮や病床回転率の向上、紹介件数の増加につながると思われます。地域医療連携室では、患者さんに記入いただいた同意書のFAX・郵送をはじめ、管理責任者として運用しています。

地域に向けての活動
  岡山市南区西地域での診療所医師・訪問看護師・ケアマネジャー・地域連携室MSW・歯科医師・薬剤師・地域包括支援センターなど他職種からなる地域のネットワーク構築が進められており、専門職種が参加する意見交換の場を設け、顔の見えるネットワークづくりが進められています。南区西地域の中核として重井医学研究所附属病院は在宅医療介護連携意見交換会の企画・開催を他職種の方々と協力して行います。
また倉敷では、「わが街健康プロジェクト。」が開催されています。同法人のしげい病院を含めた17医療機関が共催病院として参加しています。わが街健康プロジェクト。は受診抑制のためではなく、地域の医療機関や行政などの機関が様々な問題点や課題を共有し、さらに地域住民へ情報発信していき、病気の予防・理解や地域医療の理解を促すことを目的としています。

連携医療機関一覧
ももたろうクリニックまえだ診療所平田内科医院
あいの里クリニック木下医院大橋医院
渡辺医院 原田内科医院青木内科小児科医院
ふくだ医院赤司整形外科医院野崎医院
ほりぐち医院うちおグリーンクリニックイマイクリニック
木村医院すぎはら眼科循環器科内科えんさこ医院
なかやまクリニック林内科小児科医院河原内科医院
名越整形外科医院撫川クリニック川島眼科
早沖診療所庭瀬ファミリークリニック矢尾デンタルクリニック
かりや内科在宅療養支援診療所  藤戸クリニック 
   



ホームに戻る