重井医学研究所

分子遺伝部門Division of Molecular Genetics

 分子遺伝部門は、平成24年度に新設された部門です。

 本研究部門は、分子遺伝学・分子細胞生物学の手法や、研究所の強みであるモノクローナル抗体を用いて、慢性腎臓疾患の病態解明を目指した研究を行っていくことを目指しています。また、病院に所属する医師や他の研究機関との連携を通じて、創和会全体の発展に貢献できる研究を行っていきます。

研究テーマ <遺伝子改変マウスを用いた腎臓病の研究> 

 腎臓の発生・分化には、さまざまな増殖因子や転写因子が協調的に働くことが重要です。しかし、正常に発生・分化した腎臓の機能を維持するメカニズムに関しては、まだほとんどわかっていません。そこで本研究部門では、遺伝子改変マウスを用いて、腎臓の機能を継続・維持するメカニズムを解明する事を目的に研究を行っていきたいと思っています。


研究業績