倉敷しげい訪問看護ステーション / 倉敷しげい居宅介護支援事業所 併設
ご利用方法
モットーと特徴 サービス内容 ご利用方法 ご利用時間・料金 スタッフポリシー
倉敷しげい居宅介護支援事業所 ケアプラン作成 アクセス 関連施設 TOP

   
訪問介護サービスをご利用いただくためには

 
訪問看護は、医療保険・介護保険のいずれでも受けられます。当訪問看護ステーションへお気軽にご相談ください。
 

訪問介護サービスをご利用いただくためには

 

■ 介護保険での利用手続き

1.かかりつけの主治医または倉敷しげい訪問看護ステーションに直接ご相談ください。
2.市町村へ要介護認定の申請をします。
 *当ステーションでは申請手続きの代行を無料で行っていますので、いつでもお気軽にご相談ください。
3.要介護認定を受けられた方は倉敷しげい居宅介護支援事業所などでケアプランを作成します。
4.ケアプラン作成の際に訪問看護サービスは倉敷しげい訪問看護ステーションとご指定ください。
5.訪問看護師がお宅へお伺いします。


■ 医療保険での利用手続き

1.かかりつけの主治医または倉敷しげい訪問看護ステーションに直接ご相談ください。
2.かかりつけの主治医または倉敷しげい訪問看護ステーションに直接お申し込みください。
3.訪問看護師が主治医と連絡を取り指示を受け、訪問看護を開始します。
4.利用料の支払いは翌月の10日以降に請求書をお渡ししますので、内容をご確認の上お支払いください。


 
訪問看護サービスをご利用いただける方
 
▼ 介 護 保 険 で 受 け ら れ る 方
▼ 医 療 保 険 で 受 け ら れ る 方
65歳以上
加齢に伴い介護が必要となり、「要支援1〜2」
「要介護1〜5」と認定された方
・要介護認定が非該当の方
・要支援・要介護者のうち厚生労働大臣が定める疾病(※)の方、がん末期や急性増悪期の方

40〜64歳

加齢に伴う特定疾病(がん末期を含む)が原因で介護が必要となり、「要支援1〜2」「要介護1〜5」と認定された方
・左記以外の方
・要支援・要介護者のうち厚生労働大臣が定める疾病(※)の方、がん末期や急性増悪期の方
40歳未満
40歳未満の方はすべて医療保険


(※)厚生労働大臣が定める疾病
末期の悪性腫瘍
多発性硬化症
スモン
筋萎縮性側索硬化症
脊髄小脳変性症
ハンチントン病
進行性筋ジストロフィー症
重症筋無力症
パーキンソン病関連疾患
進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病(ホーエン・ヤールの重症度分類がステージ3以上であって生活機能障害度がII度又はIII度のものに限る)
多系統萎縮症(線条対黒質変性症、オリーブ橋小脳萎縮症、シャイ・ドレーガー症候群)
プリオン病
亜急性硬化性全脳炎
後天性免疫不全症候群
頸髄損傷
人工呼吸器を使用している状態
 ・  ライソゾーム病
 ・  副腎質ジストロフィー
 ・  脊髄性筋萎縮症
 ・  球脊髄性筋萎縮症
 ・  慢性炎症性脱髄性多発神経炎

TOP

お申込み・お問い合わせはこちら(snsskura@shigei.or.jp)までお願い致します  倉敷しげい訪問看護ステーション / 倉敷しげい居宅介護支援事業所
 〒710-0051 岡山県倉敷市幸町2-30 しげい病院南館1階 TEL:086-422-8111 FAX:086-422-3670