開園日

 色のついた日は見学できます(要予約)

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

見学をご希望の方 こちらをクリック



お問い合わせ

重井薬用植物園
710-0007
岡山県倉敷市浅原20

TEL:086-423-2396
FAX:086-697-5865
E-mail:shigeihg@shigei.or.jp

植物園・植物園駐車場の
位置はこちら


スマートフォン対応サイト

▼URL
http://www.shigei.or.jp/
herbgarden/sp/

▼QRコード
スマートフォン対応サイト

市民のために素晴らしい自然を残しておきたい 重井薬用植物園について詳しく知りたい方はこちらをクリック
更新情報
今月の活動「植物園便り」に「7月の活動」を追加しました(2016.8.12)New!
園内花アルバム園内花アルバムの「ユウスゲ」を改訂(2016.8.12)New!
お知らせ「お知らせ」に9月楽しむ会の開催要項を掲載(2016.8.11)New!
園内花アルバム園内花アルバムの「ハンゲショウ」を改訂(2016.7.27)
今月の活動「植物園便り」に「6月の活動」を追加しました(2016.7.13)
お知らせ「お知らせ」に8月楽しむ会の開催要項を掲載(2016.7.13)
お知らせ7/30[ひかりにあつまれ!夜の昆虫観察会」申込締切のお知らせ掲載(2016.7.13)New!
今月の活動「植物園便り」に「5月の活動」を追加しました(2016.6.18)
園内花アルバム園内花アルバムに「クマツヅラ」を追加(2016.6.18)
お知らせ「お知らせ」に7/30[ひかりにあつまれ!夜の昆虫観察会」要項を掲載(2016.6.10)
お知らせ「お知らせ」に7月楽しむ会の開催要項を掲載(2016.6.10)
お知らせ「お知らせ」に7/2[夏の草原保全と観察会」要項を掲載(2016.6.10)
お知らせ「お知らせ」に6/18予定のしげい病院文化講演会「植物の文化誌 トイレな植物」告知を掲載(2016.5.22)
お知らせ「お知らせ」に6月楽しむ会の開催要項を掲載(2016.5.22)
園内花アルバム園内花アルバムに「オヘビイチゴ」を追加(2016.5.22)
園内花アルバム園内花アルバムの「ウツギ」を改訂(2016.5.22)
今月の活動「植物園便り」に「4月の活動」を追加しました(2016.5.22)
今月の活動「植物園便り」に「3月の活動」を追加しました(2016.4.29)
園内花アルバム園内花アルバムに「ヒサカキ」を追加(2016.4.29)
お知らせ「お知らせ」に5月楽しむ会の開催要項を掲載(2016.4.15)
お知らせ「お知らせ」に5/8「サクラソウと蒜山の春」要項掲載(2016.4.15)
お知らせ「お知らせ」に5/4「ショウブプレゼント&ミニ観察会」要項掲載(2016.4.15)
お知らせ「お知らせ」に5/3「西大寺・ハマウツボと砂地のいきもの観察会」要項掲載(2016.4.15)
お知らせ植物園のFacebookページを公開しました(2016.4.4)
園内花アルバム園内花アルバムの「シロノチリツバキ」を改訂(2016.4.4)
お知らせ蒜山山焼きボランティア募集について山焼き延期のため「お知らせ」記事訂正(2016.4.1)
お知らせ「お知らせ」に2016(H28)年度の行事予定/4月楽しむ会の開催要項を掲載(2016.3.19)
今月の活動「植物園便り」に「2月の活動」を追加しました(2016.3.19)
今月の活動「植物園便り」に「1月の活動」を追加しました(2016.2.19)
園内花アルバム園内花アルバムに「ススキ」を追加(2016.2.19)
お知らせ「お知らせ」に3月の「植物園を楽しむ会」の要項掲載(2016.2.19)
今月の活動「植物園便り」に「12月の活動」を追加しました(2016.1.30)
園内花アルバム園内花アルバムに「サルトリイバラ」を追加(2016.1.30)
お知らせ「お知らせ」に2月の「植物園を楽しむ会」の要項掲載(2016.1.30)
現在のみごろ植物
ミズトンボ(ラン科)
ミズトンボ ミズトンボ

北海道から九州までの条件の良い湿地に生育する湿性ランの一種です。同じ湿性のランの仲間で、よく知られているトキソウ(花期:5月頃)やサギソウ(花期:8月中旬頃)ほど目立つ花ではありませんが、岡山県RDB(2009)では準絶滅危惧、環境省レッドデータブック(2014)では絶滅危惧Ⅱ類とされ、湿原の乾燥化や園芸目的での採取によって減少しつつある植物です。今年は8月中旬よりから湿地エリアにて咲き始め、8月25日現在、かなりの花が見られます。9月中旬ごろまで観察可能と思われます。(2015.8.25)

ハマビシ(ハマビシ科)
ハマビシ(花) ハマビシ(実)

関東以西の本州、四国、九州の海岸などの砂地に生育する1年草です。日本国内のハマビシ科の植物は本種1種のみで、果実に水草のヒシのような鋭いトゲがあることから、「浜菱」の名があります。環境省レッドデータブック(2014)では、「絶滅危惧ⅠB類」、岡山県内における生育地もきわめて限られていることから、岡山県レッドデータブック(2009)では絶滅危惧Ⅰ類とされています。園内では温室エリアで栽培しているものが6月下旬より開花していますが、現在、花とトゲのある果実が両方見られるようになっています。花は9月中旬ごろまで見られる見込みです。(2016.8.17)

カワラケツメイ(マメ科)とツマグロキチョウ
カワラナデシコ カワラナデシコ

カワラケツメイは本州・四国・九州の河原や河川の土手など日当たりのよい場所に生育するマメ科の一年草です。葉は南米原産の外来種のオジギソウに似ていますが、本種は触っても小葉が閉じることはありません。お茶として飲用すると大変おいしいので、地方によって弘法茶・合歓茶・浜茶・岸茶・豆茶などと様々に呼ばれ、庶民の間で日常的に飲まれていた植物です。8月上旬ごろより開花を始めました。
また、本種を食草として利用するツマグロキチョウというチョウは、本種の群生地の減少に伴って減少しており、岡山県レッドデータブック(2009)では留意種、環境省レッドデータブック(2014)では絶滅危惧ⅠB類とされています。当園ではカワラケツメイとともにツマグロキチョウの保護にも取り組んでおり、8月17日現在、園内では数百個体が飛び交う状態となっています。(2016.08.17)

お知らせ

重井薬用植物園 2016年度 年間予定表
月1回、色々なテーマで四季折々の草花や生き物などを「楽しむ」定例観察会「植物園を楽しむ会」など、観察会や自然体験、自然保全活動などを開催しています。ぜひご参加ください。

開催日 開催時間 テーマ
7月2日(土) 終了 夏の草原保全と観察会(真庭市)
7月23日(日) 終了 植物園を楽しむ会52
「花咲く夕べを楽しむ」
7月30日(土) 終了

ひかりにあつまれ!夜の昆虫観察会

8月11日(木・祝) 終了 植物園を楽しむ会53
「さんぽのすゝめ~「山歩」を楽しむ」
9月22日(木・祝) 10:00~12:00 植物園を楽しむ会54
「花が彩る秋彼岸を楽しむ」
10月22日(土) 10:00~12:00 植物園を楽しむ会55
「草木の種と実を楽しむ」
10月2930日() 11:00~12:00 ツメレンゲ観察会(しげい病院)
11月56日()
11月20日(日) 10:00~12:00 植物園を楽しむ会56
「野菊の花を楽しむ」
11月26日(土) 10:00~15:00 秋の草原保全と餅花作り(真庭市)
12月18日(日) 10:00~12:00 植物園を楽しむ会57
「クリスマスカラーの木々楽しむ」
1月15日(日) 10:00~12:00 植物園を楽しむ会58
「とんどで小正月を楽しむ」
2月4日(土) 10:00~12:00 植物園を楽しむ会59
「節分と立春の植物を楽しむ」
3月26日(日) 10:00~12:00 植物園を楽しむ会60
「オキナグサの春を楽しむ」

※ 開催日時・内容は都合により変更することがあります。最新の情報は重井薬用植物園ホームページにてご確認ください。

植物園・植物園駐車場の位置はこちら

重井薬用植物園の50年間の歴史についての講演録

岡山の自然と文化34重井薬用植物園は、2014年12月に開園50周年を迎えました。2014年2月に、岡山県郷土文化財団の「郷土文化講座」として、片岡園長が「身近な自然をまもり残すために~重井薬用植物園の50年」と題して、植物園の歴史について講演を行った内容が収録された、「岡山の自然と文化 郷土文化講座から 34」が岡山県郷土文化財団より発行されました。植物園の設立経緯から、植物園の「これから」まで、植物園をめぐる50年以上の歴史と植物園内にある様々な希少な植物を紹介した、植物園の50年史とも言える内容ですので、ぜひご一読ください。

また、講演内容の一部に誤りがありましたので、以下のファイルの通り、訂正していただけますよう、お願いいたします。
岡山の自然と文化34「身近な自然をまもり残すために」正誤表

「岡山の自然と文化」34号 入手方法

  • 価格:700円(送料別:100円)
  • 書店では販売していません。直接、岡山県郷土文化財団へ電話(086-233-2505)か、財団ウェブサイトの「お問い合わせ」よりEメールでお申し込み下さい。

第61回 日本生態学会 広島大会 自由集会 W13
 地域の生態系を保全するために「本当に必要なこと」

地域の生態系をまもるために「本当に必要なこと」2014/3/14に開催した自由集会の時間内にお答えすることができなかった会場からの質問と回答/発表者の考える「本当に必要なこと」 についてまとめたウェブサイトを公開しました。→  http://www001.upp.so-net.ne.jp/chueco/

植物園内の昆虫調査を行いました
植物園内の昆虫調査を行いました2011年度に倉敷昆虫同好会の60周年記念事業として、植物園内の昆虫調査を実施しました。その結果、12目157科708種もの昆虫が園内に生息していることが確認され、そのうち岡山県初記録種類が19種みつかりました。

さらに詳しい調査報告については倉敷昆虫同好会会報「すずむし No.147」に掲載されています。入手については倉敷昆虫同好会にお問い合わせください。
倉敷昆虫同好会HPはこちら


負けるな東北!がんばれ東日本! -私たちは皆さんをバックアップしています-

「東日本大震災」の被災者の皆様には、心よりお見舞い申し上げます。
震災より月日は経ちましたが、私たちの心は、いまもあなたに寄り添っています。一日も早い復興を願い、応援しています。日本中のみんながバックアップしています。お体に気をつけ、未来に向けて頑張ってください。(職員・ボランティア一同)


「植物園を楽しむ会」参加者・見学者から募金を行いました。

3/31に開催しました定例観察会「植物園を楽しむ会(おいしい春を楽しむ~ヨモギ餅をつくろう)」の参加者の了解を得て、参加費から原材料費を引いた残金に他の見学者からの篤志をあわせた1,968円を、東日本大震災の支援金としてしげい病院総合受付のNPO法人ジャパンハートの募金箱に募金いたしました。

過去の支援活動については以下をご覧ください。

医療法人創和会の支援活動状況です。こちらもご覧ください。