開園日

 色のついた日は見学できます(要予約)

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

見学をご希望の方 こちらをクリック



お問い合わせ

重井薬用植物園
710-0007
岡山県倉敷市浅原20

TEL:086-423-2396
FAX:086-697-5865
E-mail:shigeihg@shigei.or.jp

植物園・植物園駐車場の
位置はこちら


スマートフォン対応サイト

▼URL
http://www.shigei.or.jp/
herbgarden/sp/

▼QRコード
スマートフォン対応サイト

市民のために素晴らしい自然を残しておきたい 重井薬用植物園について詳しく知りたい方はこちらをクリック
更新情報
今月の活動「植物園便り」に「6月の活動」を追加しました(2018.7.21) New!
園内花アルバム園内花アルバムに「ヒメガマ」を追加(2018.7.21) New!
お知らせ「お知らせ」に8/11「植物園を楽しむ会」開催要項を掲載(2018.7.21) New!
お知らせ「お知らせ」に8/4「夏の!虫をつかまえて みるかい!」開催要項を掲載(2018.6.23)
園内花アルバム園内花アルバムの「エゴノキ」を改訂(2018.6.23)
お知らせ「お知らせ」に7/14「ひかりにあつまれ!夜の昆虫観察会」開催要項を掲載(2018.6.14)
お知らせ「お知らせ」に7/15「植物園を楽しむ会」開催要項を掲載(2018.6.14)
今月の活動「植物園便り」に「5月の活動」を追加しました(2018.6.14)
今月の活動「植物園便り」に「3月の活動」「4月の活動」を追加しました(2018.5.23)
園内花アルバム園内花アルバムに「コバノミツバツツジ」を追加(2018.5.18)
園内花アルバム園内花アルバムに「スギナ」を追加(2018.5.18)
お知らせ「お知らせ」に6/23「植物園を楽しむ会」開催要項を掲載(2018.5.18)
お知らせ「お知らせ」に6/17「夏の草原保全と観察会」の要項を掲載(2018.5.18)
お知らせ「お知らせ」に5/5「端午の節句 ショウブ プレゼント&ミニ観察会」の開催要項を掲載(2018.4.3)
お知らせ「お知らせ」に5/3「吉井川・ハマウツボと砂地の生き物観察会」の開催要項を掲載(2018.4.3)
園内花アルバム園内花アルバムに「サカキ」を追加(2018.3.28)
お知らせ「お知らせ」に2018年4月の楽しむ会の開催要項を掲載(2018.3.21)
お知らせ「お知らせ」に2018年度の行事予定を掲載(2018.3.10)
お知らせ「お知らせ」に蒜山での山焼きボランティア募集の告知を掲載(2018.3.7)
今月の活動「植物園便り」に「2月の活動」を追加しました(2018.3.5)
お知らせ「お知らせ」に3/25の総社市自然保護講演会についての告知を掲載(2018.3.2)
園内花アルバム園内花アルバムに「ナズナ」を追加(2018.2.19)
お知らせ「お知らせ」に2018年3月の楽しむ会の開催要項を掲載(2018.2.11)
今月の活動「植物園便り」に「1月の活動」を追加しました(2018.2.11)
園内花アルバム園内花アルバムに「ノジギク」を追加(2018.1.14)
今月の活動「植物園便り」に「12月の活動」を追加しました(2018.1.12)
お知らせ「お知らせ」に2018年2月の楽しむ会の開催要項を掲載(2018.1.7)
現在のみごろ植物

ヤチシャジン(キキョウ科)

ヤチシャジン ヤチシャジン
湿地に生える高さ50cmほどの多年草です。国内では広島・岡山など数県のみに分布する(国外では中国大陸・朝鮮半島に分布)とされていますが、現在、岡山県下では確実な自生地は知られておらず、絶滅の状態にある可能性が高いと思われます。全国的に希少であるため、環境省のレッドリスト2018では、最も絶滅の恐れが高い「絶滅危惧ⅠA類」、岡山県レッドデータブック(2009)でも「絶滅危惧Ⅰ類」とされています。当園にあるものは岡山県との県境にほど近い広島県の自生地の集団(現在は自生地の開発により消滅)より前園長が採種した種子に由来するもので、園内の湿原内などで野生状態で生育しています。7/21現在、見頃となっており、8月上旬ごろまでは花が見られるものと思われます。(2018.7.21)

ヒメシロアサザ(ミツガシワ科)

ヒメシロアサザ ヒメシロアサザ
本州・四国・九州の沖縄の湖沼や水田などに生育する多年生あるいは一年生(集団によって異なる)の浮葉植物(水草)です。全国的に減少傾向にあり、環境省レッドリスト2018では絶滅危惧Ⅱ類、岡山県レッドデータブック(2009)では準絶滅危惧とされています。同じミツガシワ科の浮葉植物であるガガブタと葉が良く似ていますが、花の直径は約8mmと小さく、花弁の内側には毛がなく縁だけにあることで、区別ができます。園内では6月下旬より開花を始めました。9月上旬までは断続的に花を見られるものと思われます。(2018.6.29)
お知らせ

重井薬用植物園 2018年度 年間予定表
月1回、色々なテーマで四季折々の草花や生き物などを「楽しむ」定例観察会「植物園を楽しむ会」など、観察会や自然体験、自然保全活動などを開催しています。ぜひご参加ください。

開催日 開催時間 テーマ
8月4日(土) 8:00 ~10:00 夏の!虫をつかまえてみるかい!(事前申込必要・申込受付中)
8月11日(土・祝) 8:00 ~10:00 植物園を楽しむ会77
「朝露輝く夏草を楽しむ」
9月23日(日・祝) 10:00 ~12:00 植物園を楽しむ会78
「ワレモコウ咲く秋分を楽しむ」
9月30日(日) 10:00 ~12:00 秋の!虫をつかまえてみるかい!
10月13日(土) 10:00 ~12:00 植物園を楽しむ会79
「スイランの絨毯を楽しむ」
11月4日(日) 11:00 ~12:00 ツメレンゲ観察会(しげい病院)
11月18日(日) 10:00 ~12:00 植物園を楽しむ会80
「錦繍の里山を楽しむ」
11月23日(金・祝) 10:00 ~13:00 秋の草原保全活動(真庭市)
12月2日(日) 10:00 ~12:00 植物園を楽しむ会81
「木枯らしに咲く花々を楽しむ」
1月14日(月・祝) 10:00 ~12:00 植物園を楽しむ会82
「とんど焼きでむかしを楽しむ」
2月23日(土) 10:00 ~12:00 植物園を楽しむ会83
「ハンノキの花揺れる春を楽しむ」
3月24日(日) 10:00 ~12:00 植物園を楽しむ会84
「駒返る草花の恵みを楽しむ」

※ 開催日時・内容は都合により変更することがあります。最新の情報は重井薬用植物園ホームページにてご確認ください。

植物園・植物園駐車場の位置はこちら

重井薬用植物園の50年間の歴史についての講演録

岡山の自然と文化34重井薬用植物園は、2014年12月に開園50周年を迎えました。2014年2月に、岡山県郷土文化財団の「郷土文化講座」として、片岡園長が「身近な自然をまもり残すために~重井薬用植物園の50年」と題して、植物園の歴史について講演を行った内容が収録された、「岡山の自然と文化 郷土文化講座から 34」が岡山県郷土文化財団より発行されました。植物園の設立経緯から、植物園の「これから」まで、植物園をめぐる50年以上の歴史と植物園内にある様々な希少な植物を紹介した、植物園の50年史とも言える内容ですので、ぜひご一読ください。

また、講演内容の一部に誤りがありましたので、以下のファイルの通り、訂正していただけますよう、お願いいたします。
岡山の自然と文化34「身近な自然をまもり残すために」正誤表

「岡山の自然と文化」34号 入手方法

  • 価格:700円(送料別:100円)
  • 書店では販売していません。直接、岡山県郷土文化財団へ電話(086-233-2505)か、財団ウェブサイトの「お問い合わせ」よりEメールでお申し込み下さい。

植物園内の昆虫調査を行いました
植物園内の昆虫調査を行いました2011年度に倉敷昆虫同好会の60周年記念事業として、植物園内の昆虫調査を実施しました。その結果、12目157科708種もの昆虫が園内に生息していることが確認され、そのうち岡山県初記録種類が19種みつかりました。

さらに詳しい調査報告については倉敷昆虫同好会会報「すずむし No.147」に掲載されています。入手については倉敷昆虫同好会にお問い合わせください。
倉敷昆虫同好会HPはこちら