トップページ


重井薬用植物園の見学は予約制です。

見学をご希望の方 こちらをクリック



お問い合わせ

重井薬用植物園
岡山県倉敷市浅原20
TEL:086-423-2396
FAX:086-697-5865
E-mail:shigeihg@shigei.or.jp

 

園内花アルバム

カラスウリ(ウリ科) Trichosanthes cucumeroides

開花したカラスウリの花。花弁のふちはレース状に細かく裂ける。雌雄異株で、写真は雄花。 巻きひげを伸ばして他の植物やフェンスなどに絡みつく。葉の両面、茎などには毛が密生してざらつく。
▲開花したカラスウリの花。花弁のふちはレース状に細かく裂ける。雌雄異株で、写真は雄花。 ▲巻きひげを伸ばして他の植物やフェンスなどに絡みつく。葉の両面、茎などには毛が密生してざらつく。

 

カラスウリはウリ科カラスウリ属のつる性の多年草です。北海道を除く全国に分布し、林縁や荒れ地のやぶのような場所に生育し、細い茎をのばして巻きひげで他の植物に絡みつきます。岡山県でも県中部~南部を中心に全域に分布しますが、あまり乾燥する土質は得意でないようで、堆積岩地質など、やや水持ちの良い土質の地域でよくみられ、花崗岩地域ではあまり見かけません。

茎は3~6mほどにもなり、葉は互生、卵心形(キュウリやブドウの葉のような形)で、ふちは波状の鋸歯があり、大きくなると浅く3~5裂します。葉の両面や茎などには短い毛が密生して、触るとややざらついた感触があります。花は5裂した花弁のふちがさらにレース状に細かく裂けた形で、レース部分まで含めると直径は約10cmほどです。花期は7~8月、開花は夕方かなり暗くなってからで、翌朝にはしぼんでしまう夜間のみの一日花です。本種はユリ科のユウスゲなどとならび、夜間に開花する花の代表として紹介されることが多い植物ですが、ユウスゲが曇りの日などには比較的明るいうちから咲き始めることがあるのに対し、本種は天候による光量の変化程度では、ほとんど影響を受けないようで、手元が見えづらいぐらいしっかり暗くなってから開花し、夜明け前にはしぼんでしまいます。また、雌雄異株(雄株と雌株がある)で、雌株には長さ5~7cm程度の俵型の果実が実り、晩秋になると鮮やかな朱色に色づきます。地下には紡錘形の塊茎(芋)があります。秋頃、つるが地面につくと発根し、新たな塊茎を作って栄養繁殖することもあります。

花は夜明け頃にはレース部分を丸めこむように閉じる。写真中央よりやや下にあるのが未開花の蕾。 地下には紡錘形の塊茎がある。冬にこれを掘り上げて乾燥させたものを果実と共に生薬として利用する。
▲花は夜明け頃にはレース部分を丸めこむように閉じる。写真中央よりやや下にあるのが未開花の蕾。 ▲地下には紡錘形の塊茎がある。冬にこれを掘り上げて乾燥させたものを果実と共に生薬として利用する。

 

カラスウリの名は、漢字では普通は「烏瓜」と書かれ、カラスが好んで食べるためとか、小さな白い実のなるスズメウリというウリ科の別種と比べて実が大きいので、カラスノエンドウとスズメノエンドウと同じく、大きさの違いを鳥の名で表したものと言われます。また、果実の色あるいは形が、平安時代に中国(唐)から輸入された染料の「朱」の鉱石(辰砂)に似ていたので、「唐朱瓜」と呼ばれたとの説もありますが、朱(辰砂)は「魏志倭人伝」に日本で産することが記述されるなど、もともと日本に産する鉱物であり、中国から輸入されるようになるのは、戦国時代ごろになってからと言われます。万葉集などには本種の名は登場しませんが、平安時代に著された「本草和名」には「加良須宇利」と万葉仮名で記載されています。結論づけるには至りませんが、本種の和名の由来については「唐の朱」説はやや根拠に乏しいようです。しかしながら,秋に色づいた朱色の果実を見ると、「唐の朱」も捨てがたい気がします。

果実は熟した後も、そのまま比較的長く残り、冬になり餌が少なくなってきたころ、ようやく鳥などが果実をつついて食べるようになります。果実の中には黒褐色の種子が多数入っており、そのままでは発芽しにくいのですが、鳥に食べられることで散布されるとともに発芽しやすくなります。種子はカマキリの頭部のような形をしており、角度によっては「打ち出の小槌」を上から見たような形にも見えるので、財布の中に入れておくと金運が向くともいわれます。また、紙を結んだ(結び文)ようにも見えるので、手紙を意味する「タマズサ(玉章)」との別名もあります。

晩秋、雌株についた果実は朱色に色づく。 果実の中から取り出した種子。カマキリの頭、打ち出の小槌、結び文、どのように見えるでしょうか。
▲晩秋、雌株についた果実は朱色に色づく。 ▲果実の中から取り出した種子。カマキリの頭、打ち出の小槌、結び文、どのように見えるでしょうか。

 

なお、果実・種子・塊茎ともに生薬として利用され、熟した果実を干したものは「土瓜実(どかじつ)」、冬に掘り上げて輪切りにして干した塊茎は「王瓜根(おうかこん)/土瓜根(どかこん)」、種子は「王瓜子(おうかし)」と呼ばれて、煎じたものは利尿や催乳の薬効があるとされます。また、生の果実の果肉を酒で練ったものは、しもやけやあかぎれの塗布薬とされます。ちなみに塊茎に含まれるでんぷんは非常にきめが細かく、そのため、近縁のキカラスウリの塊茎のでんぷんは、「天瓜(花)粉」と呼ばれていわゆるベビーパウダーとして利用されていました。

当園の周辺地域は、比較的本種が多く生育している地域で、園内にもあちこちに自生しており、フェンスの金網にノブドウなどと一緒に絡みついています。温室内にもなぜか侵入して生育しています。できるだけ塊茎を掘り取るようにしていますが、なかなか全部は取りきれず、困りものです。また、園内のものは、なぜかほとんどが雄株で、雌株はわずかしか生育しておらず、生育数の割には果実は少ないのですが、初頭の頃、他のつる植物が葉を落とすと朱色の実はとてもよく目立ちます。

(2013.7.26)

▲このページの先頭へ
▲園内花アルバムのトップページへ