病院の中にこんちゅうかん!? 倉敷昆虫館
TOP リンク 関連施設
館内案内 利用案内 昆虫館の歴史 昆虫館便り サイトマップ
 

昆虫館便り

昆虫館のニュースです。

 

 第16回「11月3日は自然史博物館まつり」に倉敷昆虫館・重井薬用植物園コーナーを出展しました!

2016.11.8 UP

 

 

2016年11月3日(木・祝日)

 倉敷昆虫館・重井薬用植物園は、2016年11月3日(文化の日)に、倉敷市立自然史博物館で開催された第16回「11月3日は自然史博物館まつり」に、昨年に引き続き「倉敷昆虫館・重井薬用植物園コーナー」として展示を行いました。

倉敷昆虫館からは、「重井薬用植物園内の昆虫」として展示しました。

倉敷市立自然史博物館によると、まつり全体の来場者数は12,389人と過去最高を記録したそうです。、そのうちの多くの方々にコーナーに足を運んでいただき、一日中にぎやかな声が響きました。

その時の様子です。

博物館まつり2016

 

 

 

 

 「ひかりにあつまれ!夜の昆虫観察会」が行われました。

2015.8.9 UP

 

 

2016年7月30日(土)

 夏の恒例行事となりました植物園と昆虫館との共催行事、夜間昆虫観察が重井薬用植物園で行われました。

 定員いっぱいの52名(子供28名)の参加者があり大盛況でした。

 今回は灯火だけでなく、糖蜜を準備し、園内10カ所の樹幹に吹き付けて虫を誘うことにも取り組みました。

  この時期は午後7時になってもまだまわりは明るくて、子供たちはカワラケツメイの上を飛び回るツマグロキチョウや草むらから飛び出すバッタ類を追っかけたり、木に留まっているアブラゼミを捕まえるなど、観察会開始前より大はしゃぎの様子。

  灯火に誘引されて来た昆虫は昨年より少なかったものの、カブトムシやクワガタムシも樹液・灯火のいずれでも得られ、片岡園長がこれらの虫の「じゃんけん争奪戦」をして大変盛り上がりました。

文化講演会2016-1

捕虫網を手に集まった参加者

灯火に飛来する虫を待つ子供たち

 

文化講演会2016-3

樹液に集まる虫たちを観察

 

 

 あすへの健康講座 文化講演会 「昆虫の体 ふしぎ発見2 〜親子で体験 昆虫を顕微鏡で見てみよう〜」 が開催されました!

2015.7.30 UP

 

 

2016年7月30日、しげい病院5Fかわせみホールにて文化講演会を開催されました。

倉敷昆虫館の岡本館長の昆虫の体についてのお話と、

顕微鏡で昆虫の標本を観察できる企画でした。

50人を超える方が参加されました。

 

 

 

 

文化講演会2016-1

かわせみホールは人でいっぱい。テキストや画面を見ながら昆虫の話を聞きます。

クイズ形式です。元気に「はい!」

文化講演会2016-3 文化講演会2016-4
隣の部屋に所せましと並ぶ昆虫標本と観察用の顕微鏡。 お、カブトムシも。大きくしてみると違った世界が広がります。

   講座で使ったテキストのクイズ、ご参加くださった皆さまわかりましたか? 

   抜粋して回答をのせますので、答え合わせをしてみてくださいね。 参加者用のクイズの答え抜粋はこちら(PDF形式)

 

 

 

このページのトップへ

 
 
昆虫館の昆虫たちを紹介 標本の紹介 こんなキレイな虫もいるよ 昆虫館の美しい虫たち 昆虫のことをもっと知ろう 虫の世界 昆虫が好きな方は 倉敷昆虫同好会
 

倉敷昆虫館 〒710-0051 岡山県倉敷市幸町2-30 しげい病院1階 電話:086-422-8207 メールアドレス:kurakon@shigei.or.jp