病院の中にこんちゅうかん!? 倉敷昆虫館
TOP リンク 関連施設
館内案内 利用案内 昆虫館の歴史 昆虫館便り サイトマップ
 
標本の紹介
 

 近年の自然環境の変化により、多くの昆虫が数を減らし、絶滅したもの、絶滅が心配されるものなど、当昆虫館には60年前からの標本が展示されています。(収蔵標本には1938年〜1940年採集のものもある)したがって、以前は身近で見られたが、現在ではほとんど見ることができない種など貴重な昆虫標本が展示されています。また、当館にしかない標本もあります。もちろん、現在でもよく見かける種や、近年になって県内に分布を広げた種もあります。これらの中から主なものを紹介します。
 

コバネアオイトトンボ
ナニワトンボ

コバネアオイトトンボ
住みかを追われたイトトンボ類  new!

ナニワトンボ
めっきり少なくなった赤とんぼ new!

 

 

クロマダラソテツシジミ
マダラカメムシ
ゴミアシナガサシガメ
ヤマトモンシデムシ

クロマダラソテツシジミ
岡山に突然現れ、突然消えたシジミチョウ  new!

キマダラカメムシ
東へ東へと分布を広げるカメムシ new!

ゴミアシナガサシガメ
ガガンボのような姿をした珍しいカメムシ new!

ヤマトモンシデムシ
動物死体の掃除屋さんも減少の一途 new!

ムネホシシロカミキリ
ウスバシロチョウ
ナガサキアゲハ
ギフチョウ

ムネホシシロカミキリ
県内にはこの標本のみ?  new!

ウスバシロチョウ
優雅に飛ぶ白いアゲハ。珍しく繭(まゆ)をつくる

ナガサキアゲハ
北に分布を広げる蝶

ギフチョウ
春の女神

スジグロシロチョウ
ツマキチョウ
サツマシジミ
アオスジアゲハ
スジグロシロチョウ
モンシロチョウと間違える
ツマキチョウ
近郊では見られなくなった可憐なチョウ
サツマシジミ
岡山県初記録の標本

アオスジアゲハ
倉敷に普通の蝶

ウスイロオナガシジミ
ウラミスジシジミ
ヒョウモンモドキ
クロツバメシジミ
ウスイロオナガシジミ
かつては岡山平野の丘陵地に
ウラミスジシジミ
市街地で見つかった山の蝶
ヒョウモンモドキ
県内でほとんど見られなくなった蝶
クロツバメシジミ
倉敷での貴重な標本
シータテハ
ヒメヒカゲ
ゲンゴロウ
ウスイロヒョウモンモドキ

シータテハ
岡山県での絶滅種。名前にアルファベットが

ヒメヒカゲ
絶滅が危惧される蝶
ゲンゴロウ
県南では珍しくなった池のひょうきん者
ウスイロヒョウモンモドキ
保護活動でやっと生き残る
オオウラギンヒョウモン
ヨドシロヘリハンミョウ
クビアカモモブトホソカミキリ
オオクワガタ

オオウラギンヒョウモン
県内では絶滅か?

ヨドシロヘリハンミョウ
絶滅寸前の種。湿潤な砂浜が消えてゆく
クビアカモモブトホソカミキリ
雌だけで増えるカミキリ。県内では臥牛山のみ生息
オオクワガタ
自然のものはまれ
ケブカマルクビカミキリ
キイロヤマトンボ
ダイコクコガネ
カワラハンミョウ

ケブカマルクビカミキリ
県内で発見され、新種となったカミキリ

キイロヤマトンボ
絶滅が心配のトンボ
ダイコクコガネ
牛の放牧が生きる道
カワラハンミョウ
岡山県での絶滅種。貴重な県内産標本
ハネビロトンボ
ヒメハルゼミ
オオキトンボ
タガメ

ハネビロトンボ
南方からたまに来る珍客

ヒメハルゼミ
めったに見られない珍しいセミ
オオキトンボ
県内で23年ぶりの出現
タガメ
珍しくなった電灯への常連は今
カワラバッタ
ウスバカマキリ
キバネツノトンボ
ベッコウトンボ

カワラバッタ
礫のある河原とともに消えていくバッタ

ウスバカマキリ
県内唯一の標本?捜してみませんか
キバネツノトンボ
トンボのようでトンボでない
ベッコウトンボ
県内では絶滅したトンボ

 

このページのトップへ

 
 
昆虫館の昆虫たちを紹介 標本の紹介 こんなキレイな虫もいるよ 昆虫館の美しい虫たち 昆虫のことをもっと知ろう 虫の世界 昆虫が好きな方は 倉敷昆虫同好会
 
倉敷昆虫館 〒710-0051 岡山県倉敷市幸町2-30 しげい病院1階 電話:086-422-8207 メールアドレス:kurakon@shigei.or.jp