重井医学研究所

腸骨リンパ節法とはIliac lymph node method for production of monoclonal antibody

    • 腸骨リンパ節法とは
      ・腸骨リンパ節を使用します。
      ・抗原の注射は尾根部への1回のみです。←追加免疫は効率を下げます
      ・1匹の動物の免疫に必要な抗原量は50~100μgです。
      ・免疫注射後2~3週間後に細胞融合を行います。
      ・抗体ができたかどうかは4週間でわかります。
      ・従来の脾臓を用いる方法の約10倍の効率です。
      ・陽性ウエルからのクローニングの成功率が高い。

      マウス腸骨リンパ節法は、重井医学研究所が開発した画期的な技術です。
      マウス腸骨リンパ節法は日本国特許
      (特許第4098796号)です。

       

      腸骨リンパ節法プロトコルNEW

      ●Development, Growth & Differentiation
      An improved iliac lymph node method for production of monoclonal antibodies


      ●組織細胞化学会 学際企画
      モノクローナル抗体の作製 (講習会のテキストです。腸骨リンパ節法が詳しく書かれています)


      マウス腸骨リンパ節法
      ●Acta Histochemica et Cytochemica
      Lymphocytes from enlarged iliac lymph nodes as fusion partners for the production of monoclonal antibodies after a single tail base immunization attempt


      ラット腸骨リンパ節法
      ●Cell Structure and Function
      A novel method of preparing rat-monoclonal antibody-producing hybridomas by using rat medial iliac lymph node cells


      作製のステップ
      1:動物への抗原免疫注射
      2:細胞融合、腸骨リンパ節細胞の凍結保存、血清の保存
      3:スクリーニング
      4:ハイブリドーマのクローニング

      作製スケジュール
      ・抗原:組み換え蛋白質、合成ペプチド、精製蛋白質、糖鎖などを用意する。
      ・必要最低抗原量は1~2 mgです。
      ・免疫に必要な抗原量:マウス1匹あたり50μg、ラット1匹あたり50~100μg
      ・免疫に必要な抗原濃度:500μg/ml以上

      抗体の使用目的
      目的に応じたスクリーニングが必要です。
      ・ウエスタンブロットによる抗原の同定
      ・免疫染色による細胞・組織の染色
      ・ELISA法による生理活性物質の測定
      ・アフィニティカラムを用いた抗原の精製

    •  

      ! 注 意 !
      マウス腸骨リンパ節法は、日本国特許です(特許第4098796号)。
      特許権者の実施許可無くマウス腸骨リンパ節法を使用すると、特許法に触れます。
      大学・研究所等での基礎研究も例外ではありません。
      なお、ラットリンパ節法は特許ではありません。ご自由にお使いください。