重井医学研究所

マウス腸骨リンパ節法によるモノクローナル抗体の作製/////////Antibody

    • マウス腸骨リンパ節法によるモノクローナル抗体の作製

      ・2匹のマウスに免疫して、腸骨リンパ節を使用します。
      ・抗原の注射は尾根部への1回です。←追加免疫は効率を下げます
      ・1匹の動物の免疫に必要な抗原量は50μgです。
      ・免疫注射後2~3週間後に細胞融合を行います。
      ・抗体ができるかどうかは4週間でわかります。
      ・従来の脾臓を用いる方法の約10倍の効率です。
      ・陽性ウエルからのクローニングの成功率が高い。
      ・サブクラスIgG1、IgG2a、IgG2bが約 8:1:1の割合です。
      ・ラット抗原に対するモノクローナル抗体ができます。

      マウス腸骨リンパ節法(マウスリンパ節法)は、重井医学研究所が開発した画期的な技術です。
      マウス腸骨リンパ節法は日本国特許
      (特許第4098796号)です。
      (ラットリンパ節法は特許ではありません)。

      主要文献:
      Yoshikazu Sado, Satoko Inoue, Yasuko Tomono and Hiroyuki Omori
      Lymphocytes from enlarged iliac lymph nodes as fusion partners for the production of monoclonal antibodies after a single tail base immunization attempt
      Acta Histochem. Cytochem. 39(3):89-94,2006
      (日本組織細胞化学会のホームページからpdfファイルを得ることができます。Google検索でsado inoue tomono omoriと入力して検索すると見つかります。)

      佐渡義一 2006
      抗原エマルジョンを尾根部筋肉内注射したマウスの腫大腸骨リンパ節を用いたモノクローナル抗体の作製 (Sado Y. 2006 Production of monoclonal antibodies by using lymphocytes from enlarged iliac lymph nodes of mice immunized intramuscularly at the tail base)
      生化学 78: 1092-1094. 

      佐渡義一 2007
      モノクローナル抗体の作製
      組織細胞化学会2007、pp55-77、学際企画(講習会のテキストです。マウス、ラットのリンパ節法が詳しく書かれています)

      作製のステップ
      ステップ1:マウスへの抗原免疫注射、腸骨リンパ節細胞の凍結保存、血清の保存
      ステップ2:細胞融合(PEG使用)、ELISAスクリーニング
      ステップ3:ハイブリドーマのクローニング

      作製スケジュール
      ・抗原:精製蛋白質、組み換え蛋白質、合成ペプチド、糖鎖、などを用意する。
      ・必要最低抗原量は1~2 mgです。
      ・抗体作製の用途:ELISA、ウエスタンブロット、免疫染色など
      ・免疫動物:マウス2匹~
      ・免疫に必要な抗原量:マウス1匹あたり50μg
      ・免疫に必要な抗原濃度:500μg/ml以上

      抗体の使用目的
      目的に応じたスクリーニングが必要です。
      ・ウエスタンブロットによる抗原の同定
      ・ELISA法による生理活性物質の測定
      ・免疫染色による細胞・組織の染色
      ・アフィニティカラムを用いて抗原の精製
      2006年5月、10月、2007年6月、2008年4月改訂

      ! 注 意 !
      マウス腸骨リンパ節法は、日本国特許です(特許第4098796号)。
      特許権者の実施許可無くマウス腸骨リンパ節法を使用すると、特許法に触れます。
      大学・研究所等での基礎研究も例外ではありません。
      なお、ラットリンパ節法は特許ではありません。ご自由にお使いください。